ぺんぎんメモ

sponsored link

年金は請求してから受給開始までに最低2か月かかる

time 2017/08/10

年金は請求しないともらえないで年金請求をしてから、ようやく年金受給開始日の通知がありました。6月5日に請求して8月8日に通知がきたので、丸々2か月かかったことになります。

ちなみに年金受給日は偶数月の15日と決まっているため、この場合の受給開始日は8月15日になります。年金は、偶数月に2か月分ずつ受給する仕組みになっているようです。

以前もお話しましたが、年金は請求してからすぐに受給できるわけではなく、年金請求後に「年金受給が決定しました」という通知が2度ほど届き、その後年金受給開始日の通知があって初めて、受給が開始されるのです。

そのため、勘違いされる場合も多いそうですが、「年金受給が決定しました」という2度の通知は、年金がいつから振り込まれるかを明記したものではなく、あくまで年金の受給が決定したことを知らせるもの。

ゆえに、年金がいつから指定口座に振り込まれるかを明記した「年金証書・裁定通知書」が届くまでは、年金の振込はされません

そんなシステムですから、年金請求書の提出が遅れれば遅れるほど受給開始も遅れるわけで、最短で2か月の時間を要すところがそれ以上かかることも十分あり得るわけです。

年金財源が不足しているため何とかして年金を受給させないようにしていますが、長年払ってきた年金保険料を受給することは権利です。事前に情報収集をして、年金をきちんと受給できるようにしておく必要があります。

down

コメントする




CAPTCHA


プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

神奈川県在住、夫と2人暮らしの自由気ままな30代。何気ない日常・旅の光景や価値観の記録。香川県への移住&早期リタイアを目指して地道に活動中。

[詳細]

アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。



sponsored link