ぺんぎんメモ

「疑問を持たせない風土」が危険な社会を生む

time 2017/11/04

小中高と日本の公立学校で教育を受けてきた私は、その教育環境に「疑問をもたせない空気」の充満を感じていました。

そしてそんな環境では、自分で考えさせず、論理的に理解させない、押し付け教育が蔓延していました。

特に、田舎の学校では、疑問を持って教師や学校に意見することは「口ごたえ」とみなされる傾向にあり、倫理的・道徳的におかしなことでも、学校・教師の権力で潰されてしまうことが多くあります。

まぁ確かにそうしないと、学校の統制自体が乱れて崩壊してしまう可能性もあり、教師自身も被害者なので仕方ない面もあると思います。

ただ、そうした「疑問をもたせない」、「目上の人から言われたことには従う」的環境で長い間培養されていると、社会がおかしな方向へ進んでも、疑問をもたずに従ってしまうことでしょう…

そして、日本文化である「和」は維持できても、その「和」を乱す行動・行為は何でも制裁対象(村八分)になるため、結果として、社会全体に現制度に疑いを持たない・持たせない意識が加速していくと思います。

そうした意識は、社会に余裕が無くなるほど加速していくはずです。

「〇〇はなぜこうなっているのか?」と疑問をもつことは、文化的・経済的・その他様々な点で、社会が発展・成長する土台になると思います。

むしろ疑問を持たなければ、成長・発展する余地もないと思っています…

が、従順な・疑いを持たない庶民のほうが都合が良い組織にとっては、いまだに疑問をもつ価値観はタブー視されます。

疑問をもつことは能動的行為なので疲れますが、危険を未然に防ぐためにも持ち続けたいものの1つです。

down

コメントする




プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

奨学金を返済しながら、移住・セミリタイア生活に向けて準備しているブログです。安全な食、倹約、生活環境への言いたい放題、旅行など実体験を踏まえてお届けします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ [詳細]




 

sponsored link






アーカイブ