ぺんぎんメモ

sponsored link

新宿の信号待ちで宗教勧誘?されそうになった話

time 2017/08/14

新宿で働いていた頃、帰宅途中の信号待ちで、若い女性2人(たぶん同世代)から「この辺に、美味しいラーメン屋さん、ありませんか?」と聞かれたことがあります。

道を尋ねられたわけでもないし、態度も馴れ馴れしくて少々面倒でしたが、一応親切心?でスマホで地図を見せながら教えてあげました。が、よく分からない様子(フリ?演技?)で埒があかなかったので、「豚骨でも大丈夫ですか?」と訊いてから、近くの人気ラーメン屋まで案内しました。

しかし、そのラーメン屋に着いたにもかかわらず、2人はラーメンには全く興味を示さず、何かおかしいなと思っていたら何かを話しかけてきそうだったので、すぐさま「それじゃ」と言ってその場から立ち去りました。

後でネットで調べると、同様の被害者が多い、新宿では有名な某宗教の勧誘だったみたいです。

おそらく、何とかしてこちらの情報を聞きだして、上手い具合に勧誘までもっていく道筋を付けたかったのでしょうが、私がベラベラ喋るもんだからタイミングを逸してしまったんでしょうね(笑)

当時の私は今と違って、初対面の相手によく喋る人間だったので、案内中もベラベラ喋り続けていたのが良かったのかもしれません。まあでも、疲れ過ぎていたのと、相手の馴れ馴れしい態度に腹が立っていたので、一刻も早くその人達から解放されたかったのが大きかったのかもしれませんw心狭っ!!

とはいえ、普段から大人しそうに見えるらしい私は、きっと簡単に騙せそうに見えたんでしょうから、自らそうした人達を引きつけていたことはよくないことだったなあ…。ただ、あいにく外見とは裏腹に、超絶うるさい女だったわけですがw

そんな訳で、新宿で「美味しいラーメン屋」を聞かれたら、警戒したほうが良さそうです。

down

コメントする




プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

夫と2人暮らしの30代。日常、旅、価値観の記録。移住、早期リタイア を目標に生活中。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

[詳細]

アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。



sponsored link