ぺんぎんメモ

sponsored link

豊臣秀吉がバテレン追放令を出した理由

time 2017/11/07

日本史では、秀吉がキリスト教徒を弾圧したことを習います。が、弾圧の理由は異教徒排斥としか教えられません。しかし、弾圧の真の理由は、日本人子女が奴隷として海外へ売りさばかれていたことです。

キリシタン達がそんな奴隷貿易をできたのはキリシタン大名の協力があったからですが、ザビエルによってキリスト教徒になった日本人が大きく加担していました。

そのキリシタン大名たちがなぜ奴隷貿易に手を染めたかというと、当時、重要な武器となる火薬を手に入れるためでした。国内で抜きんでた力が欲しかったんでしょうね。

そんな訳で、キリシタンに対しては最初は好意的だった秀吉も、宣教師たちの植民地支配を危惧するようになると同時に、キリスト教徒が神社仏閣を破壊したり、冒頭のように日本人子女を奴隷として売ったりしていくのを看過できず、結果弾圧するようになった経緯があります。

そんな歴史を知ると、過去のアフリカ大陸やアメリカ大陸でヨーロッパ諸国が犯した蛮行と相まって、「キリスト教=奴隷貿易(人身売買)の歴史」と思えてしまいます。

そんなマイナスイメージを日本人に植え付けないために、戦後GHQによる歴史改ざんが行なわれて、キリスト教や白人などへのイメージ悪化は避けられたみたいですが…。

キリスト教系の学校が、日本にこれだけ増えたのもそのおかげだと思います。かなり儲かっとるなw ザビエル大成功やなw

全然関係ないですが、キリスト教徒の恋人をもつ友人から「彼がデートより日曜礼拝を優先するから別れた」と聞きました。そんな訳で宗教を優先する人々の感情を理解するには、私も友人も当分時間がかかりそうですw

down

コメントする




CAPTCHA


ご挨拶

プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

神奈川県在住、夫と2人暮らしの30代。何気ない日常・旅の光景や価値観の記録。香川県への移住&早期リタイアを目指して地道に活動中。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

[詳細]



sponsored link

アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。