ぺんぎんメモ

sponsored link

腸の状態が改善されて、虫に刺されなくなった

time 2017/09/08

今年の夏は、蚊に1度しか刺されませんでした。いや、全く刺されない人から言わせれば、そんなの普通と思われるかもしれませんが、毎年数十か所!刺されるのが当たり前だった私からすると、ものすごい変化です!

もちろん、暑すぎて蚊がいないということもありますが、暑すぎても刺される人は刺されるもんです。今年は、草むらや藪のような場所へ行っても刺されなかったので、心底驚きました。

その要因は、体質の変化です。元来、蚊に刺されやすい人の特徴としては、

  • O型
  • 体温が高い
  • 色黒
  • 飲酒しているとき
  • 運動で汗をかいているとき

などがあります。

が、刺されなくなった現在の私でも、上記の特徴が当てはまります(笑)

もともと、父方の祖母が刺されやすく、父もそうでした。結局私もその血を継いで、昔からよく刺されていたのですが、同じO型の母は全く刺されませんから、血液型は関係ありません。

また、過去体温が高くない時期でも残念ながら刺されていたので、体温の高さは関係ありません。そして、色白だったときも刺されていました。さらに、お酒を飲んでいない時期もしっかり刺されていましたし、運動不足でも刺されまくっていました!

という訳で、世間的にあげられている蚊に刺されやすい特徴は、私には当てはまりませんでしたw

じゃあ、何が原因だったのだろう?と考えたときに、思い浮かんだ特徴は、腸内環境の良し悪し。腸内環境が良くないと、毛穴から排出される二酸化炭素の量が多くなるので、蚊を引き寄せる原因になってしまうそうなのです。

そういえば、夫は生来腸内環境がよかったようで、虫にはほとんど刺されない体質です。ゆえに、私が過去に蚊に刺されまくっていたのは、腸内環境が悪かったからだという結論に辿り着きました。

そんな私もここ数年間で腸内環境が劇的に改善したおかげで、信じられないくらい蚊に刺されなくなりました。

これまでは、偶然出会った人間から1人ずつ血をいただく蚊の餌食になってきましたが、今後はほとんど無くなるでしょう。腸内環境、侮れません!

down

コメントする




CAPTCHA


ご挨拶

プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

神奈川県在住、夫と2人暮らしの30代。何気ない日常・旅の光景や価値観の記録。香川県への移住&早期リタイアを目指して地道に活動中。

[詳細]



sponsored link

アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。