ぺんぎんメモ

sponsored link

食費の節約は将来高くつく

time 2017/10/08

過去、節約生活をしていた頃に食費を節約していましたが、安い食品って原料の良くないものが多いです。素材そのものが安い場合(もやしなど)もありますが、そうではなく加工品で安い場合は危険です。

安い食材の多くは、農薬、化学調味料、人工甘味料、保存料、危険な油脂、精製糖、放射能物質など危険物質がたっぷり含まれていることが多く、その結果、一時的に食費の節約になっても将来的には高くつくことになります。

日本ではなぜか、「エンゲル係数」を掲げて食費を節約しようとする動きがありますが、食費を節約することは危険な食品摂取に繋がる可能性が高く、将来的に医療費増加を招くと思います。

以前頻繁に1ヵ月1万円生活などをメディアで取り上げていましたが、そうやって生活していた人が健康であり続けた話を聞いたことがありません。製薬メーカー、医療機器メーカーなどの医療分野が儲かるための、メディアによる大規模な擦り込みなのかな?

もちろん、安全な土地で作った無農薬栽培の野菜であれば、安い食材であっても危険ではないでしょう。

が、産地不明食材、中国食材、遺伝子組み換え食材、放射能汚染地域食材を、危険な水と空気のある工場で加工したものが安全かどうかは言わずもがなです。

また、あまり知られていませんが、健康イメージのあるナッツやドライフルーツにも危険なもの(農薬や漂白剤、防カビ剤などが含まれたもの)があるので注意が必要です。

「そんなことを言っていたら食べるものがないよ」と言いますが、いえ、ちゃんとあります!見栄を張らず、人に見えない面にお金をかけている人の多くは食費にお金をかけていて、そうした人が食べているものは安全です。

安価にいろいろな食品が食べられるようになったのは、食品が乏しい時代からすれば幸せなことですし、美味しくない食品ばかりの外国と比べれば天国です。

が、安価な食品を食べ続ければその代償は遅かれ早かれ、体に表れてきます。ゆえに、節約生活をしていても食費だけは削らずに生活しています。

down

コメントする




CAPTCHA


ご挨拶



アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。