ぺんぎんメモ

sponsored link

音楽を聴こうと思わないときは感情起伏が少ないとき?

time 2017/09/23

10代~20代の頃は、邦楽、洋楽、K-POP、クラッシックなどいろいろな音楽を聴いていましたが、今みたいにyoutubeがない頃だったのでCDを借りてきてはMDに移したり、CDを買ってはMP3プレイヤーに移したりして、割りと手間をかけてよく聴いていました。

思春期だったのと背伸びしたい部分もあって、雑誌で見かけた曲やラジオで聞いた曲などをよく覚えていました。

そんな時代を経てきたわけですが、最近はなぜか音楽自体を聴こうと思いません。

それまでは思い出したように定期的に聴いていた曲もかなりあったのですが、最近は音楽よりも虫や鳥の声のほうが心地よくなっていますww

ナゼ音楽を聴こうと思わないのか少々考えてみたところ、聴く時間が取れないこと以外に、日常生活でのテンションの上がり下がりがほとんどないからだと気付きました。つまり、感情の起伏が少ないということ。

そういえば音楽をよく聴いていた時期は、感情の起伏が激しい時期が多く、日常的なストレスもかなりあったんですよね。それらのストレスを音楽で発散させていたんです。

一方、今はストレスがほとんどないので音楽で発散させるものがない、ゆえに音楽を聴こうと思わないみたいです。

ユーロビートなどのダンスミュージックや、邦楽のバラード、その他数えきれないほど大好きな曲がたくさんあるのに不思議なものです。

以前は、リタイアしたら一日中自宅で音楽を聞き続けるか、カラオケで歌い続けるかをしたいと思っていたほどでしたがこんな変化もあるなんて…。まあそのうちまた聴きたい欲も沸いてくることでしょう…。

down

コメントする




CAPTCHA


ご挨拶



アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。