ぺんぎんメモ

sponsored link

実家を売却することになり、少しだけ寂しい気持ち

time 2017/09/17

実家は西日本の田舎にあるのですが、母が車の不要な場所に引っ越すことになったため、実家を土地とともに売却することになりました。

実家は市街化調整区域にあるため売却は難しいと思っているのですが、公共事業で引っかかるのを待っていては一生売却できませんし、今後もあの土地に縛り付けられるのが嫌な気持ちに共感しているので母の提案に大賛成しました。

そもそも田舎に土地を持っていることは、管理が大変なだけでなく、地域の長年のしがらみ(様々な出費・地域関係の集まりへの出席)など、長期に自宅を留守にするのが困難な状況があり、自由に動きたい人にとっては不便です。あと、思いっきり男尊女卑だし。

私には兄弟がいるのですがその兄弟も売却を了承したので、家族全会一致ということで実家の売却が決定しました。

一般的に築25年以上の家屋には値段は付かないそうなので、我が家の場合値段が付くのは土地だけになりそうです。家屋を更地にすれば高く売れるといいますが、そういうことは一般人がやっても上手くいかないと過去に銀行から諭されたことがあります…

不動産会社からは「更地にしないと売れませんよ」と言われますが、固定資産税を莫大に払いたい人以外は難しい判断でしょう。第一、更地にするのに最低でも500万円はかかりますから、資産に相当余裕がない場合以外は居抜き状態で買い手を探すほうが賢明。

ただその前に、前述したように実家は市街化調整区域にあるので、今後新たに立て直すことが難しく、買い手がつかない可能性が大いにあるのです……

そんな厳しい状況下ですが、母には「空き家バンク」と「ふるさと情報館」に同時登録することを勧めました。どちらも田舎の物件を専門としている組織なので、不動産会社と直接やり取りするよりも良いかと思ったのです。

そんな売れるかどうかを心配している私ですが、少々しんみりする部分もあります。実家に住んでいた時期にあまり良い思い出がないとはいえ、そこには10年以上住んでいたので多少なりとも愛着があります。ゆえに今後帰省する場所がないかと思うと少しだけ寂しい気持ちになります…

ただそんな寂しさを感じるのは、今もそこに住み続け、土地・家屋とも管理する大変さを味わっていないからかもしれません…。一応売却後個人的に後悔しないように、次回帰省したときにでも実家の写真を数枚は撮っておこうと思います。

down

コメントする




CAPTCHA


ご挨拶

プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

神奈川県在住、夫と2人暮らしの30代。何気ない日常・旅の光景や価値観の記録。香川県への移住&早期リタイアを目指して地道に活動中。自由に生きたい。

[詳細]



sponsored link

アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。