ぺんぎんメモ

sponsored link

行ってはいけない歯医者に行っていた模様

time 2017/08/20

以前、食いしばりによる歯痛に悩まされていた私は、自宅近くの評判の良さそうな歯医者に行っていました。

その歯医者さんはいつも混んでいて、治療時間は毎回10~15分。ですが、治療回数が明らかに多くて、結局33回も行きました……1週間に2度ほど行っていたので約8か月も通っていたことになります。きっと、自分から行くのをやめなければ、あのままずっと治療が続いていたことでしょう…。

ネットで調べると、歯医者にはヤブ医者が多いそうで、学生時代に通っていた都内の歯医者も同じように治療回数が多かったことを思い出しました。

当時は学生だったせいか、「たいした治療もしないのに毎回けっこうな治療費をとるな」と思ったのを覚えています。その歯医者も常に混んでいましたが、明らかに治療回数が多かったですね。虫歯でもない歯を削られていたのかと思うとゾッとします。

実家に住んでいた頃も何度かヤブ歯医者にかかったことがあります。医院の雰囲気も暗く、腕のよくない歯科医が下手な治療を行ったせいで、時代錯誤の銀歯をいくつも詰められました。もちろん、腕がよくないので数年後に違う歯医者で治療することになったわけですが…。

行かなくなってからその歯医者からダイレクトメールが届いたときは驚きましたが、やっぱりなとも思いました。あの歯医者、今でもあるのかな。

経験上良い歯医者は、口をゆすぐコップが使い捨て(紙コップ)、医療機器が新しい、なるべく歯を削らない・抜かないような治療を奨める、ほとんどレントゲンをとらない、という共通点があります。

そのどれもが、歯医者側にお金が入らない・儲からないことですが、これをしている歯医者は信用できます。本当に患者のことを考えているからです。

歯は全身のバランスを整える大事なものですから、変な歯医者を選ぶととんでもない治療を施された挙句、健康まで害してしまいかねません。知り合いには、歯医者で「虫歯が32本あります」と言われた人がいますよww もちろんその歯医者には二度と行かなかったそうですが(笑)

そんな訳で、痛くて痛くて仕方ないときはテキトーな歯医者を選んでしまいがちですが、緊急治療以外は信用できる歯医者へ通うようにしています。でも、良い歯医者って予約が数週間後になるとかザラなんですよね…。

down

コメントする




CAPTCHA


ご挨拶

プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

神奈川県在住、夫と2人暮らしの30代。何気ない日常・旅の光景や価値観の記録。香川県への移住&早期リタイアを目指して地道に活動中。

[詳細]



sponsored link

アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。