ぺんぎんメモ

sponsored link

母の愚痴を聞いて育った娘がどうなるか

time 2017/08/26

母は頻繁に愚痴を言う人ではなかったのですが、あまりに過酷な実家環境・仕事・義父母との同居・村落共同体生活が影響してか、ときどき娘の私に愚痴っていました。

母は淡々と話すので当時はさほど苦痛に感じませんでしたが、今考えると小説でも書けないようなキツい話が多かったように思います…ww 都会から田舎に嫁いできて周囲に親類・友人・知人がいなかった母にとっては、仕方なかったのかもしれません。

ちなみに、母親の愚痴を聞かされて育つ娘はかなりいるようで、皆それが仕事のように思って嫌々ながらも聞いているみたいです。

ただ、そういう風に母親の愚痴を聞いて育つと、娘も愚痴体質になってしまうことが多いようなので、自分も気をつけなきゃなぁと思っています。

とはいえ、ストレスを吐き出さずに内側にため込んでしまうのも体に悪いので、どこかで発散させる必要がありますね。

そんなときの過去の発散方法は、買い物or爆食いorカラオケ通いでしたが、最近は物欲なし・食細りなので今後ストレス過剰になったら、カラオケ通いのみになりそう。ただ自宅近くのカラオケ屋は清潔感が欠けているので少々引き気味…。

だとしても、歌が下手でも1人なら誰にも迷惑かけないし脳にもいいらしいので、今後清潔なカラオケ屋?を探して通いたいです。

down

コメントする




CAPTCHA


ご挨拶

プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

神奈川県在住、夫と2人暮らしの30代。何気ない日常・旅の光景や価値観の記録。香川県への移住&早期リタイアを目指して地道に活動中。

[詳細]



sponsored link

アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。