ぺんぎんメモ

sponsored link

実家の私物で捨てられなかったものをようやく手放した

time 2018/02/27

先日、仕事の合間をぬって1年ぶりに帰省してきました。仕事を終わらせ夜行バスに乗って12時間…実家がある町は盆地&ものすごく田舎で、到着時の最低気温は-8℃!バス停に降りた瞬間、顔の肌が痛く感じました。

ちなみに、今回の帰省目的は実家を売却するがゆえ、私物の片づけ。これまでも片づけてきたのですが、まだいくつか捨てられないものが残っていました。これまで、それらのものを押し入れに入れたままにしていたのですが、今回廃棄or神奈川の現住まいに送る手配をしてきました。

1日弱の滞在でしたが母とも話せた上に、普段仕事で多忙で会えない兄弟の顔も見れたので少し安心しました。ただ、片付けながら「もうこの家に戻ってくることもないんだな」と実感し、突如寂しさがこみ上げてきました。

とはいえ、家族のことを考えたら、これから先も不便な田舎で大きな家に住み続けることは、時間を有効活用できない可能性が高い。大きな家と広い庭を維持するのには、それなりのコスト・労力が必要で、莫大な資産がない現状では理想的ではありません。

車がないと生活できない山奥では、ゴミ出しさえも車(笑)。回覧板や地域行事などもしっかり存在しますから、自由に家を空けることも容易ではないので生活自体が億劫に違いない。

そんな思いを抱えながら、これまで捨てられずにいた私物を今回とうとう廃棄してきました。1つは、ままごとトントン。30年前に両親が買ってくれた当時4千円の高級おもちゃです。よく遊んだであろう跡が残っていますし、それだけ思い入れもありましたからなかなか捨てられずにいましたが、ようやく決心が着きました。

2つ目は、アニメかるた。これも幼少期に買ってもらったもので、当時はよく遊んでいた覚えがあります。とはいえ、かるた遊びも現代の子どもには馴染みが薄そうですが。

最後は、小樽オルゴール。これは幼少期に父親が仕事の出張で買ってきてくれたもので、何故か捨てられずにいたのです。高価なものだったからでしょうか?でも今回、ついに自然と手放すことができました。

こうした片付けを業者に委託せずに自分でやる場合は、本当に時間と労力がかかるもの。計画的に進めようとしてもなかなか難しいものだと、ここ数年で痛感しました。

down

コメントする




CAPTCHA


プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

神奈川県在住、夫と2人暮らしの30代。何気ない日常・旅の光景や価値観の記録。香川県への移住&早期リタイアを目指して地道に活動中。人生を好きにいられるように自由に生きたい。

[詳細]

アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。



sponsored link