ぺんぎんメモ

行動を制約されない公園という場所

time 2017/10/10

私が幼少期を過ごした地域に公園はありませんでしたが、都内や神奈川県内に住んでからは公園をよく見かけるようになりました。

国立公園的な大規模なものから地域密着の小さな公園まで様々ですが、どの公園にもそこそこ人がいて、和やか・穏やかな雰囲気があります。

幼い子どもを遊ばせたり、食事をしたり、お喋りしたり、ランニングをしたり、ウォーキングをしたり、キャッチボールをしたり、犬の散歩をしたり、バトミントンをしたり、ただボーっとしたり等々、思い思いに過ごしている人の姿が見えます。

公園は、「〇〇をする場所」という限定性がなく、自由な感じが好きです。もちろん公序良俗に反しない範囲ですが。

過去、特に接点があった訳でもないのに、いやもしかすると接点がなさ過ぎたせいか、旅行をすると現地の公園が気になる変なクセ?があります。

現地地図で「〇〇公園」、「〇〇park」という文字を見つけると、取りつかれたかのようにそこへ向かってしまう自分(笑)

自分が理想とする公園像を探し求めているのか、普段身近にある公園と同じように過ごす人々の姿を見て安心したいのか、理由は不明ですが旅先ではよく公園を訪れています。

ただ私的な公園でない限り、公園は各国政府にとって飴に税金を投入しているのと同じことですから、無ければ無いで済む場所でもあります。

だとしても、今後も税金を投入して絶対に維持し続けて欲しいものの1つです。

なぜなら公園は、制約の多い現日本社会において自由に過ごせる数少ない場所だから。逆に言えば、公園に税金を投入できなくなるほど社会に余裕がなくなったら、危険だとも思います。

今後も国内外問わず様々な土地の公園に足を運ぶ予定ですが、どこの公園でも自由に過ごす人々の姿があって欲しいものです。

down

コメントする




プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

奨学金を返済しながら、移住・セミリタイア生活に向けて準備しているブログです。安全な食、倹約、生活環境への言いたい放題、旅行など実体験を踏まえてお届けします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ [詳細]




 

sponsored link






アーカイブ