ぺんぎんメモ

sponsored link

海外旅行に持参する日本の食事

time 2017/10/29

海外旅行時に突如として日本食が食べたくなり、現地で購入したカップ蕎麦で心身を落ち着かせた経験が何度があります。

そのため、現地で食事が期待できない海外旅行の場合には、カップ蕎麦、レトルト味噌汁、フリーズドライ商品、レトルト食品、日本茶ティーパック、カロリーメイト、ウィダーインゼリーなどを持参するようになっています。

海外旅行先によっては、外出すればスリの危険や言語・習慣の違いで疲れることが多いので、そういう場合はホテルの部屋で食事を摂るのが自然と多くなります。

電気ケトルを持参してまではしませんが、旅行しに来ているのに体調を崩すのは御免なので、最低限の食事は日本から持参するようにしているのです。

現地の食事も少々は味わうけれど、観光に必要な気力・体力を補える食事に出会うの海外では至難のワザ。

「海外旅行は現地の食事を味わってこそ」という思想をお持ちの方からすれば、そんな食事の摂り方は邪道なのかもしれませんが、衛生的にアウトな食事でのたうち回る経験をすればきっと賛成してくれるはず(笑)

現在は日本からの食品が受け入れ不可の国も多いのでなかなか大変な面もありますが、現地の食品がいくら安全だとしても、体が受け付けないような食品を口にするのはどうなのかな?と思ってしまう部分もある私。

そんな訳で、食事が不安な海外旅行先へは今後も日本食を持参し続けるでしょう。こんな私には海外移住は無理かな?(笑)

down

コメントする




CAPTCHA


ご挨拶

プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

神奈川県在住、夫と2人暮らしの30代。何気ない日常・旅の光景や価値観の記録。香川県への移住&早期リタイアを目指して地道に活動中。自由に生きたい。

[詳細]



sponsored link

アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。