ぺんぎんメモ

sponsored link

疲れ過ぎると更に疲れる場所へ行きたくなる習性

time 2017/11/10

忙しい時期の不思議な行動の1つに、疲れ過ぎると更に疲れる場所へ行きたくなるという習性?がありました。

今の私からするとそういう状況になれば、ゆっくり自宅で休みたい・しっかり睡眠を摂りたいという気持ちになります。体力低下・歳のせいなどもあるでしょう(苦笑)

が、なぜか当時は疲れ過ぎていると、行けば更に疲れるであろう場所へ行きたくなっていました…。そして、人が大勢いるエネルギーの尽きない街や国などへ行き、自分の疲れをごまかしていたような気がします。

痛みをより重症な痛みで消すかの如く、疲れをより重要な疲れを感じることで消す感じでした。

私が仕事のon/offができる人間であったなら、そんな疲れる場所へわざわざ行かず、自分なりの疲労解消法で休養できていたことでしょう。

ただ、そんな健康的な?疲労解消法を確立してこなかった私は、疲れれば疲れるだけ更に疲れる場所へ行くというサイクルへ入ってしまい、数年間常に疲れっぱなしという状態になっていました。

そしてそれが当時の私が思いつく1番の疲労解消法であり、それでしか疲労を解消できないと思って継続していました。

今考えるとなんて酷い疲労解消法なんだ…と不器用な自分の生き方に唖然としますが、当時は心が赴くままに人混みの非常に疲れる場所へ頻繁に行ってました。

そんな訳で、今後は真に疲労解消できる・健康的な違った疲労解消法を見つけていければいいなと思っているところです。

down

コメントする




CAPTCHA


ご挨拶



sponsored link

アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。