ぺんぎんメモ

sponsored link

真鶴遊覧船と大磯海水浴場

time 2016/04/15

東海道線で降りたことがない駅に行ってみようということで、夫と真鶴駅と大磯駅へ行くことにしました。特に目的はないけど気になる駅ってありますよね!

まず、最初に真鶴駅へ行ったのですが下車してビックリ!駅前は閑散としていて向こうの方にコンビニが1軒あるだけ。とりあえず個人の定食屋さんにて、早めの昼食をいただくことにしました。その後、店内にあったパンフレットで真鶴港から遊覧船に乗れることを知ったので、夫と乗り場まで歩いて行くことに。

駅前から海方面へ向かって林の道を下っていくと、漁港が見えてきました。海は赤潮中でちょっと異様な雰囲気でしたが、遊覧船乗り場では昭和の名曲がバンバン流れていました(笑)

小さめの遊覧船が停車中。これに乗って有名な「三ツ石」まで行くようです。遊覧船のおじさん達が皆楽しそうにお仕事されていたのが印象的でしたね、良い雰囲気♪

乗船後は、遊覧船お決まりのカモメへのえさやり(笑) かっぱえびせん片手に、真鶴半島を眺めながらカモメとともに三ツ石へ向かいます。

別名笠島とも言われる三つの巨岩が並ぶ様は、昼間にも関わらず風情がありました。写真では魅力が半減してしまい残念でしたが……。三ツ石では釣りや磯遊びをしている人もけっこういて、そんな雰囲気も良かったです。

そんな真鶴観光を楽しんだところで、次は大磯へ。ちなみに快速アクティーは大磯駅には停車しないので、普通電車に乗車。

そして到着した大磯駅。真鶴駅よりは賑やかなものの、駅前には自然食品店があるだけでやはり寂しい印象。とはいえ、大磯は商業施設誘致に反対する希少な街なので、住民に配慮された結果なのかもしれません。

とりあえず、海へ行ってみようということで海岸方面へ1本道を下っていきました。途中ファミマを過ぎると、すぐに海岸が見えてきました。入口付近にあった看板で、この海水浴場が明治開設だと知りました。大磯ロングビーチは有名なだけでなく、歴史もあったんですね。

とはいえ今は閑散期で、だだっ広い海岸には人っ子1人おらず。でも、色々と考えをめぐらすには良い環境なのかもしれません。波の音が~

……ただ、それを許さない国道1号線がすぐ後ろに(笑)

でもゴミはほとんど落ちておらず、落ちていたのはこんな可愛い貝殻だけ! 時季外れの人がいない観光地は好きですが、今回の真鶴も大磯もそんな希望をしっかり満たしてくれたのでした。降りたことのない駅へ目的なく下車しての観光、またしてみたいです♪

down

コメントする




CAPTCHA


ご挨拶



アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。