ぺんぎんメモ

「シャトー勝沼 無添加赤わいん 甘口」が美味しい

time 2017/11/03

以前平塚に住んでいた際、スーパーOlympicで見つけた「シャトー勝沼 無添加赤わいん 甘口」が美味しく、今も時々買って飲んでいます。

ワインはほとんど飲まないのですが、Olympicで見た「山梨県産・酸化防止剤無添加」との触れ込みと、見た目にも美味しそうだったのとで、試しに買ってみたら大当たり!

甘みが強くて、まろやかで、アルコール度数が低い(9%)ためか飲みやすく、あっという間に1本(750ml)を飲み切ってしまいました。

ちなみに、これは何度か買って感じたことなのですが、360mlよりも750mlのほうが美味しい(笑) 内容量が多いほうが酸化しにくいためでしょうか?

少々不安だったのは、720mlで1,019円(税込)という安さですが、HPを拝見すると「健康のことも考えたワインですから、酸化防止剤、保存料を使わない無添加醸造を行っています。自然の美味しさを安心してお楽しみください。 無添加醸造なので、長く置かずに出来るだけ早めにお飲み下さい。」との記載で、特に心配は無い様子。

どうやらワインが高いのは日本だけのようなので、そこまで心配しなくて良いのかも?

ちなみにこのワイン、私以外にも美味しいと感じている方が多いのか、Olympicではいつも品切れ状態でした。本当にいつも(笑) そんな時、同じメーカーの赤ワイン辛口や中口を買って飲んだことがありますが、甘口のほうが断然好みでした。

チーズ料理・豚肉料理とよく合い、ワインに合う料理なんて全く分からなかった私でさえ、「ワインに合うってこういうことなんだ!」と初めて感じられたものです。

原料には輸入ブドウも含まれていて、現状であれば国産ぶどう100%ワインよりも安全かもしれません。酸化防止剤無添加なので商品回転が良い店舗で購入後、すぐに飲むのが1番美味しいと思います。

平塚から引っ越してからは、自宅周辺で売っていないため以前よりも買う頻度は減りましたが、時々ネット注文して味わい続けています。

down

コメントする




プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

奨学金を返済しながら、移住・セミリタイア生活に向けて準備しているブログです。安全な食、倹約、生活環境への言いたい放題、旅行など実体験を踏まえてお届けします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ [詳細]

アーカイブ