ぺんぎんメモ

sponsored link

北朝鮮のミサイル報道は防衛費を増やすための策

time 2017/09/22

北朝鮮のミサイル報道を見ていると、御用メディアの報道だなぁと感心します。

そんなに危険なら無理してオリンピックを開催しようとしなくていいですよ~。既に放射能に汚染されていて危険なので止めてくださいという感じです。

「北朝鮮のミサイルが飛んできて危ないです、国民の皆さん気をつけてください!」と大手メディアは報道し過剰にJアラートも鳴らしたそうですが、どうしてその注意喚起を原発事故のときにやらなかったのか疑問です。

国民がパニックになっては困るからと政府関係者は説明していましたが……素直に原発利権が困るからと言えば良かったのに(笑)

こういう御用メディア各社の「危険ですよ~」報道は、明治時代を彷彿とさせます。

明治時代、西欧諸国の植民地支配から日本を守るためという名目で軍事費を増大させて、異常な増税を庶民に強いて生活を等しく貧しくさせ、まともな精神状態を持てないようにさせてから、軍国主義教育下で無理やり戦争に向かわせました。

現状は、その最初の段階と良く似ています。「北朝鮮から核ミサイルが飛んでくるから危ない!」と煽っているのは、今後防衛費をより増やすためでしょう。

そうやって徐々に国家予算に占める防衛費の割合を増やし、庶民の生活が苦しくなっているにもかかわらず「皆で貧しくなろう」と負担を強いて、戦争に突入させていくのだと思います。防衛費よりも他に予算を費やすべき分野があるでしょうにね…

どちらにせよそんな歴史を繰り返さないためにも、大手御用メディアの報道には影響されず、社会の流れを判断していきたいものです。

down

コメントする




CAPTCHA


ご挨拶

プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

神奈川県在住、夫と2人暮らしの30代。何気ない日常・旅の光景や価値観の記録。香川県への移住&早期リタイアを目指して地道に活動中。自由に生きたい。

[詳細]



sponsored link

アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。