ぺんぎんメモ

昔働いていた個人経営の居酒屋で

time 2017/11/28

悩む時間があるから悩むで少しだけお話ししましたが、10代の頃働いていた個人居酒屋でのお話を少し。

店主は女性で、彼女をママさんと呼びながら営業のお手伝いをしていた私。そんなお店へはママさんの人柄を慕って、地元の社長や大企業の部長、僧侶等、多様な職種のお客さんがいらっしゃっていました。

皆10代の私を妹や娘のように可愛がってくれ源氏名をくれる?など、人生経験の浅い私には大変だったけどそれなりに面白かった期間でした。

料理やたばこの銘柄、お酒の名前、ホッピーの飲み方、セクハラのあしらい方?など色々なことを学びましたが、ママさんが酔っぱらった後のお店を回すのはちょっと大変でした(笑) とはいえ、今となっては酔っぱらったフリだったのでは?と思っていますが。

また、時々常連のお客さん数人と飲みに行ったり、パブやボーリングに行ったりしたことは今でも良い思い出となっています。

様々なことが印象に残っていますが、1番覚えているのはママさんが毎日作るお通しの味。毎日1品ですが手間暇かけて作られたお通しは、どんな料理でも美味しくお客さんの評判も良かったです。

私もいくつか料理を作っていたのですが、1つだけ得意料理がありそれが意外に好評で、近くのパブやキャバクラへ届けていた記憶があります。今考えると??ですが、何でもアリの面白い居酒屋でしたね。

仕事終わりにママさんに連れていってもらった、ラーメン屋や串揚げ屋が今でもあれば行ってみたいものです。

down

コメントする




プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

奨学金を返済しながら、移住・セミリタイア生活に向けて準備しているブログです。安全な食、倹約、生活環境への言いたい放題、旅行など実体験を踏まえてお届けします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ [詳細]

アーカイブ