ぺんぎんメモ

自宅机の引き出しがATM化していた知人

time 2017/11/20

学生時代の知人には、親が会社の社長だったり大学教授だったりする人がいて、ちょっとしたお金持ち的な話を聞く機会に恵まれました。

都内の一等地に自宅がある人も多く、駅の真上のマンションに住んでいたり自宅の敷地が広すぎたり等、驚いたことが何度もありました。

中でも驚いたのは、自宅にある自分の机の引き出しに数百万円のお金を保管?していた知人。金融機関ATMの使い方を知らないと言うので、それなら普段お金はどうしているのかと訊いたところ、自宅机の引き出しから出して使っているとのことでした…

幼少期からそうだったらしく親の教育方針には少々疑問を感じましたが、それでも大金に囲まれて?育つがゆえにお金に対する執着はあまりないようでした。

よくタンス預金と言われますが、知人の場合は机預金ということなのでしょう。私のような庶民感覚からすると、セコムやアルソックなどで守られていたとしても心配になってしまいます(笑)

それにしても、数百万円が机の引きだしに入っている環境で育つというのは興味深く、今でもお金持ちと聞くとその知人のことを思い出します。

金融機関を信用しない人らしいエピソードなのかもしれませんが、机に数百万円入っていることも、そのことを周囲に話すということも、大金持ちの人の感覚が分からない私からすると、とても不思議に感じたものでした。

down

コメントする




プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

奨学金を返済しながら、移住・セミリタイア生活に向けて準備しているブログです。安全な食、倹約、生活環境への言いたい放題、旅行など実体験を踏まえてお届けします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ [詳細]

アーカイブ