ぺんぎんメモ

sponsored link

自立よりも成熟した状態は相互依存

time 2018/01/18

長い間、自立することが最高の成熟状態だと思っていました。親からはなるべく早い時期に、精神的にも経済的にも依存せず自立することが不可欠だと思っていましたし、なるべく他人には頼らずに生きることが大切だと考えていました。

それは、日本語で書かれた様々な本にそう書いてありましたし、周囲のほとんどの大人がそう言っていたからでもあります。その考えを全く疑わずに妄信して生きていました。

しかし、以前ここで批判した『7つの習慣』で、自立よりも高い成熟レベルがあり、それが相互依存だと知って衝撃を受けました。自立は依存よりは高い成熟レベルだけれども、それよりも高い状態があり、それが相互依存だというのです。

依存している人は、欲しい結果を得るために他人に頼らなければいけません。また、自立している人は、自分の努力によって欲しい結果を得ることができます。しかしさらに、相互依存をしている人々は、自分の努力と他人の努力を引き合わせて最大の成果を出せるというのです。

依存より自立が成熟している状態という価値観には馴染みがありましたが、自立よりも相互依存が成熟しているという価値観は新しく、それは現日本社会に必要な考え方ではないか?と思いました。

近年の日本人は、私も含めて、他人との関わりを最小限にしようとする傾向があります。拝金主義・経済中心主義・資本主義・グローバル主義社会によって多くの人は疲れきってしまい、結果として日本人は個々に生きる方向へ向かわざるを得なくなっている気がします。

その中でより成熟した状態である「相互依存」という価値観は葬り去られ、「自立」が都合の良い言葉として使用されているきらいがあります。

『7つの習慣』内では、「自立していても、相互依存的に考えたり行動したりするまで成熟しきれていない人は、独立した生産者として好業績を上げることはあっても、チームの良いメンバーやリーダーになることはできない。それは、夫婦、家族、組織などの難しい現実の中で成功するのに必要不可欠な相互依存のパラダイムを、その人が、身に付けていないからである。」との記載があります。

日本社会を発展・成長させない思惑が国内外いずれかの組織にあるのかな?と勘ぐってしまいますが、どちらにせよ、行き詰っている社会の回復源を軍事力などのハード面に求めるのでなく、時間のかかるソフト面に求めるべきだと改めて思ったのでした。

down

コメントする




CAPTCHA


プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

神奈川県在住、夫と2人暮らしの自由気ままな30代。何気ない日常・旅の光景や価値観の記録。香川県への移住&早期リタイアを目指して地道に活動中。

[詳細]

アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。



sponsored link