ぺんぎんメモ

sponsored link

20代の頃は洋服・靴にお金をかけていたけど

time 2018/05/23

定職につかない期間を経てフルタイムで働く現在、20代の頃はお金をかけていた洋服や靴に、あまりお金をかけなくなってきました。以前であれば、ミハマやDIANAの靴を購入しては痛みをこらえて履いていましたが、30代になり長時間歩いても痛くならないフラットシューズに大転換。

100~2000円くらいの靴をネットや激安店で購入し、履きつぶす生活になりました。安くて可愛くて丈夫な靴が案外あるんですよね。ヒールが減ったらシューズドクターで自分で直して、穴があくまで履き続けるというサイクルが結構気に入っています。

もちろん、それなりの場所に行くときはきちんとした?履物を召していきますが、そうでない場合はラクな靴で出掛けています。自分が歩きやすい靴が1番ですね!

ちなみに服も似たような感じで、20代の頃はマルイやルミネに入っている専門店でよく買っていたものですが、30代になってからはユニクロ(最近は高くなってきたけど)やネットでの購入が主になりました。というか、服自体をあまり買っていない気がします。

当時のブランドショップ袋が多く押し入れに入っていますが、それを見る度にブランドバッグや小物を随分と買っていたんだなぁと思います。当時は、自分の稼いだお金で色々と買ってみたかったんでしょうね。そういう時期も必要だと思います。

ただ、最近はお金をかける部分が変わってきて、食材、生活雑貨、自宅の修繕費用に結構使っているかもしれません。興味・関心が移ってきたのでしょう。ちなみに、10年前以上に買った服も遜色なく現役なので、体型に大きな変化がない限り当分は現在持っている服を着ていくのではないかと思っています。

down

コメントする




CAPTCHA


プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

神奈川県在住、夫と2人暮らしの自由気ままな30代。何気ない日常・旅の光景や価値観の記録。香川県への移住&早期リタイアを目指して地道に活動中。

[詳細]

アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。



sponsored link