ぺんぎんメモ

sponsored link

平塚から二宮の9.8kmを歩いた【東海道を歩く】

time 2016/09/10

ha

先日、「藤沢から平塚の14kmを歩いた【東海道を歩く】」を歩いたのですが結構疲れてしまったので、今回はその教訓を踏まえて少し距離を短くして10km歩くことにしました。それが平塚から二宮の区間です。平塚駅前から出発して少し歩くと、平塚宿史跡絵地図という案内図がありました。

ha2

平塚宿江戸見附があった場所です。

ha3

また少し歩くと、平塚宿京方見附跡がありました。

oi

平塚駅から15分ほど歩いて大磯町に入りました。

oi2

日本橋から66km地点です。まだまだ先は長いですが、地道に前へ進んでいきます。

oi3

歩き進めていくと、高来(たかく)神社という神社がありました。この神社は、明治30年に高来神社に改称される以前は、高麗神社と呼ばれていたそうです。そして、高麗神社には徳川家康の神影である東照宮が併せ祀られていたため、諸大名は参勤交代の折に馬を下りて参詣したそうです。

ちなみに神社の後ろにある山は、高麗山と呼ばれています。高句麗からの渡来人伝承により「高麗山」の名前がついたといわれていますが、詳細は分かりません。高来神社以外にも、八坂神社、神明神社(前回もあったな)、六所神社、稲葉神社など多くの神社を見かけました。

oi5

化粧坂公園という公園で、高齢者が楽しくゲートボールに励んでいました。

oi6

大磯には、コンビニが少しあるくらいであまりお店を見かけません。道路も整備されていて歩きやすい印象です。御屋敷が多かったので、住んでいる層が限られているのかもしれません。

oi7

文学者・島崎藤村の自宅もありました。今回は立ち寄る余裕がありませんでしたが、いつか行ってみたいと思っています。

oi8

歩き進めていくと、東海道松並木という並木道が現れました。

oi10

道路の両側に、樹齢数百年レベルの立派な松が生えていました。

oi11

松並木を抜けていくと、県立大磯城山公園があり、その敷地内に旧吉田茂邸がありました。ここも、時間の関係上立ち寄りませんでしたが、いつか訪ねてみたい場所です。

oi12

時々休憩をはさみながら、約1時間半歩いて二宮町に入りました。前回(「藤沢から平塚までの14kmを歩いた 東海道を歩く」)よりは楽ですが、風が吹かず蒸し暑いので水分補給は欠かせません。

oi13

2時間弱でようやく二宮駅前に到着しました。黄緑色の袋が印象的な駅前パン屋・クレメンスさんで、パンを購入して帰宅しました。

oi14

二宮駅前は、日向にいるだけで体力を消耗しそうな暑さでした。そんな気候の中、今回もよく歩いたと思います。次回は二宮から小田原を歩きます。

down

コメントする




CAPTCHA


ご挨拶

プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

神奈川県在住、夫と2人暮らしの30代。何気ない日常・旅の光景や価値観の記録。香川県への移住&早期リタイアを目指して地道に活動中。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

[詳細]



sponsored link

アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。