ぺんぎんメモ

sponsored link

大手メディアで取り上げられる話題はシカト

time 2018/08/04

戦後、大手メディア(無料テレビ番組、大手新聞など)は、政府・スポンサー・日本社会を牛耳る組織に都合の良い情報しか流してきませんでした。その甲斐あってか、多くの庶民は馬車馬の如く働かされながら自ら考える力を奪われ、それら組織に都合いい洗脳をされてしまいました。

結果として、庶民の生活に直結するような絶対に知るべき情報は、無料で見られる番組(NHKも含む)や大手新聞では得ることはできなくなり、得られたとしてもさわりだけか、すり替えられた嘘の情報となってしまっています。

幼少期から周囲の大人に「新聞を読みなさい」としきりに言われていましたが、「全国新聞ではなく地方新聞を読みなさい」と言って欲しかったなと思います。大手新聞を読んでいたことは後悔しかありません。

亡くなった親が「テレビは見るな」としきりに言っていました。が、学校での話題についていけずに仲間外れにされるのが嫌でひそかに見ていましたが、それも後悔しています。

結局のところ、真の情報を得るためには、海外メディアや信頼できる国内メディア・書物に接する、もしくは自分の目で見る以外にないと思っています。

日本社会には、上から言われたことに疑問を持たせない軍隊的風土が根強くあり、それが義務教育にも強く反映されています。結果として、その風土が庶民の首を絞めている現状は何としてでも変えていかなければいけないことだと、最近強く考えます。

down

コメントする




CAPTCHA


プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

夫と2人暮らしの自由気ままな30代。日常旅、価値観の記録。香川県or海外移住を目指して地道に活動中。女性が賢くならないと国が滅びる。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へ

[詳細]

アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。



sponsored link