ぺんぎんメモ

本とアプリと英語で書かれたブログを併用しながら英語の勉強

time 2018/10/02

数か月前から、少しでも英語の文章が読めるように・英語が話せるようにと、アプリ(mikan)、本、CD音声を使って勉強?し始めました。勉強とはいっても英語に触れる回数を増やしている感じで、アプリで単語を、本で英会話基本パターンを、付属CDで音を覚えるようにしています。

英語には学生時代かなりの時間触れているはずですが、私の中では受験英語の嫌いなイメージしかないので不得意。それに、英語より中国語を使う方が楽なので(もちろん日本語を使う方がもっと楽w)、とっさに英語を話そうとしても中国語しか出てこないことが結構あります。

文法上は似ているので、中国語から英語へと直すような感じでやってきましたが、時間がかかるし面倒。よって、英語は英語ニュアンスで覚えることにしました。

そんな訳で、ちょこちょこ英語を学び中。効果があるかどうかは不明ですが、ペラペラに話せるようになりたいとかではないので、地道にコツコツ生涯かけて続けたいと思います。

中国語もそうやって上達しましたし、今でもたまに勉強しています。使わないとすぐに忘れちゃうんですよね……恐ろしく乏しいスピーキング・リスニング能力を呪います。

他言語を少しでも使えるようになると、その言語で書かれた新聞や本、ネット記事を読めるようになるし、会話での意思疎通も楽しくなり、何より色々な価値観に触れることできて嬉しい。最近は、英語で書かれた朝食紹介ブログsimply breakfastや海外服飾ブランドサイトANDREを見るのが楽しみです。

これまではそんな風に思わなかったのですが、今年に入ってから英語で書かれた莫大な量の本やネット記事を、ほんの少しでも読んでおきたいという欲求に駆られたので、学び始めました。そうしたら最近、電車内で英語を勉強している年配者数人に遭遇したので、さらに強く自分も学び続けようと思ったのでした。

down

コメントする




プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

奨学金を返済しながら、移住・セミリタイア生活に向けて準備しているブログです。安全な食、倹約、生活環境への言いたい放題、旅行など実体験を踏まえてお届けします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ [詳細]




 

sponsored link






アーカイブ