ぺんぎんメモ

健康診断で胸部X線検査(レントゲン)を拒否する習慣

time 2018/10/09

過去勤務していた会社で毎年健康診断を受けていたのですが、検査項目で唯一拒否していたものがあります。

それが、胸部X線検査(レントゲン)。これは検査に放射線が使われるため、低線量被爆してしまう酷いものです。企業との癒着のために、今でも全国各地の老若男女が受けさせられていますが、重大な健康被害を受けている人も数多くいることでしょう。

とはいえ、学生時代は拒否することができなかったこの検査。今は成人し、妊娠可能年齢であるがゆえ、女性の私は毎回妊娠を理由にこの検査を拒否しています。

ただでさえ、関東に暮らしていれば被爆し続けるのに、何で健康診断でわざわざ健康被害を受けなきゃならないのか不明。放射能汚染地域で余計に被爆すれば、重大な健康被害を被りかねません。

そこまでして儲けたい業界には???しかありませんが、どちらにせよ、私は今後もできる限り胸部X線検査を拒否し続けようと思います。それで見落とされる病気があっても、余計に被爆するよりマシです。

down

コメントする




プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

奨学金を返済しながら、移住・セミリタイア生活に向けて準備しているブログです。安全な食、倹約、生活環境への言いたい放題、旅行など実体験を踏まえてお届けします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ [詳細]




 

sponsored link






アーカイブ