ぺんぎんメモ

ヒートテックの寿命は1年らしいけれどもう6年以上着ている

time 2018/11/18

ユニクロのヒートテックにお世話になって、かれこれ十年。

ネットによると発売されたのは今から16年前らしい。着るまでは信用できなかったその品質も、着るとビックリの暖かさ(最初はそこまで品質が良くなかった)が手放せなくなって、それ以降毎冬お世話になっています。

しかも年々進化しているようで、昨年買った極暖ヒートテックの暖かさには一層驚きました。その時一緒に買った通常ヒートテックも、初めて買った頃のものより形が良くなり丈も長くなって着やすくなったような気がします(気のせい?)。

さて、そんな長らくお世話になっているヒートテックですが、所有品の中にはどこに引っ掛けたのか穴があいたものや、伸び伸びになったもの、また生地が傷んだ(ように見える)ものなど、くたびれた感の強いものも含まれます…

生地が傷みすぎて穴があいたものは仕方なくカットして雑巾化していますが、それ以外の状態であれば現役続行。

昨年買った極暖ヒートテックと通常ヒートテック以外の、伸び伸びでくたびれた感の強いヒートテックも全て部屋着として快適に着ています。締め付け感がなくてラクです♪

我が家は冬が寒いので(夏は涼しい)冬の防寒対策は必須。ゆえに、室内においてもヒートテックは欠かせません。

ユニクロの労働環境が国内外問わず劣悪らしいので、労働者のことを思うとあまり利用したくないのですが、日本企業・品質が良いのに高くない・良品は少々買い溜めておきたい・よく行く店舗の店員さんが懸命に働いている、という点で数年に1度まとめ買いしてしまっています…

そんなヒートテックを取り巻く環境ですが、必要な衣類にかわりはないので今後も今持っている品を大切に着続けたいと思います。

down

コメントする




プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

奨学金を返済しながら移住・セミリタイア生活に向けて準備しているブログです。安全な食、倹約、生活環境への言いたい放題、旅行など実体験を踏まえてお届けします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ [詳細]



アーカイブ