ぺんぎんメモ

sponsored link

『アルネ』自宅で過ごす時間を大切にする生き方

time 2016/08/31

%e3%82%a2%e3%83%ab%e3%83%8d

既に絶版となってしまいましたが、さまざまな分野の著名人の生活空間を、大橋歩さんが丁寧に取材してつくっていた『アルネ』という雑誌がありました。

30巻で発刊を終了してしまいましたが、その後古本屋で見つけた10巻分を時々読み返しています。何度読み返しても、日常の生活空間がいかに大切で、自宅で過ごす生活がいかに尊いかということを感じさせられます。

最近、イタリアやドイツの暮らしを知る機会があったのですが、多くの家庭で女性は家事をしながら家庭菜園で果実や野菜を作る生活をしていることを知りました。

そしてそんな生活では、家族と過ごす時間を大切にし、自宅で過ごす時間を大切にしていることがうかがえました。そうした暮らし方を知ったときに、『アルネ』で紹介される人々と通じるものを感じました。

私自身、以前は「自宅は寝に帰るだけの空間」と思っていた時期もありました。が、現在のように自宅が快適で居心地のよい空間になると、1年中そこで過ごしたくなるほど自宅で過ごす時間を大切にしている自分がいます。

そういう状態では、自宅をいかに心地よい空間として作り上げ・維持し・工夫していくかの大切さを感じるようになります。

経済中心・仕事中心の日本社会ですが、自宅で過ごす時間の大切さ、自宅が快適空間であることの大切さを認識される社会になって欲しいなと『アルネ』を読みながら毎回思っています。

ネットのお店「fish on」、神保町「magnif」、吉祥寺「百年」などで買っていた『アルネ』。今後も少しずつ集めていければいいなぁ。

down

コメントする




CAPTCHA


プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

神奈川県在住、夫と2人暮らしの自由気ままな30代。何気ない日常・旅の光景や価値観の記録。香川県への移住&早期リタイアを目指して地道に活動中。

[詳細]

アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。



sponsored link