ぺんぎんメモ

sponsored link

村上春樹氏のエッセイで感じる日常生活の尊さ

time 2016/10/07

%e6%9d%91%e4%b8%8a%e6%98%a5%e6%a8%b9%ef%bc%92

村上春樹世代である私は、学生時代に氏の小説をよく読んでいました。社会人になって小説以外にエッセイの存在も知り、以降エッセイばかり読むようになりました。

エッセイでは村上春樹の日常生活の一部を知ることができたり、何気ない日常の尊さを感じさせてくれたりするので大好きです。また、どれも品の良い文章で気持ちがラクになることと、暗い内容でも暗い気分にさせないことも好みです。

エッセイの中でも旅行記が特に面白く、同じ景色を見ても人それぞれの感じ方があるように、旅行記も村上春樹独自の感じ方を知ることができて楽しいです。

言葉で良さを上手く伝えられないのがもどかしいですが、どのエッセイも手元にずっと置いておきたい、そんな存在。次回の旅行記の出版が待ち遠しいです。

down

コメントする




CAPTCHA


プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

夫と2人暮らしの30代。日常、旅、価値観の記録。移住、早期リタイア を目標に生活中。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

[詳細]

アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。



sponsored link