ぺんぎんメモ

sponsored link

1冊買ったら1冊処分したいけれど・・・増えすぎてしまう本

time 2016/11/06

現在、我が家にある物の中で最も多いのがです。過去十数回の引っ越しのおかげで相当数を処分したはずですが、一向に減らずに逆に増えています。

電子書籍にすればこうした悩みはなくなりますが、紙面で読む方が好きなので、絶版本や繰り返し読みたい本などが、自然発生的に増加していきます…。

そうはいっても、収納には限度があるため時々整理して処分していますが、処分して数日後にまた購入してしまうということを繰り返しています(爆)

使用しなくなった服、靴、バッグ、アクセサリー、家具、家電などは容易に捨てられるのに、本を捨てるのにはなぜか躊躇してしまいます。

そんな「どうしても、これだけは捨てられない」というものが、私の場合本なんでしょうね。

そうしたものは、捨てるタイミングが来るまでは、無理に捨ててしまわない方が良いと思っています。なぜなら、思い切って捨ててもまたすぐに買ってしまうことが多いからです(笑)

断捨離が流行っていますが、結局その物との距離が変化しない限り、捨て切ることは難しいです。それゆえ、最近では他人にそこまで迷惑をかけていなければ、少しくらい多めに所有してもいいんじゃないかと思っていますね。開き直りかな…。

そんな訳で、違法なものでない限り、生きていくために自分と切り離せないものは、タイミングが来るまで無理に切り離す必要はないと思っています。

down

コメントする




CAPTCHA


ご挨拶



アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。