ぺんぎんメモ

sponsored link

10回以上北京へ行って分かった美味しい食事処

time 2016/02/15

学生時代から数十回は訪れている北京ですが、毎回思うことは食事が口に合わないということ(笑) 水や大気の汚染が原因だと思いますが、美味しくない食事は日本食を慣れている人にとってかなりのストレスになります。それゆえ、味・雰囲気(清潔感)・価格といった面から、比較的安心して食事を摂れるレストランを紹介したいと思います。

 

金鼎軒(きんていけん)

%e5%8c%97%e4%ba%ac%ef%bc%95

北京市内に数店舗あるこのお店は、点心が主なメニューであっさりした味付けが特徴です。24時間営業の店舗も多いため、昼夜問わず混んでいますが、朝は比較的空いています。1人でも入りやすいお店で北京滞在時は良く利用しています。

「金鼎軒」は北京の食事で感じることが多い、泥臭さや油っぽさがあまりなく美味しいメニューが多いです。また、1品あたり20元前後で食べることができるほか、各メニューの量が少なく何品か頼むことが出来るのも利点です。

こちらは、野菜粥とゴマ餡入り白玉です。野菜を使ったメニューは美味しくな場合が多いので、避けた方が無難かもしれません。このお店が便利なのは、注文方法が、メニューを見ながらテーブルにある注文用紙に、鉛筆でメニュー番号と注文数を書き込み、店員に渡せば良いシステムであることです。流暢な中国語でなくとも安心して料理の注文が出来ます。

%e5%8c%97%e4%ba%ac%ef%bc%92%ef%bc%95

温かい豆乳と白粥、蒸しパンです。このほか、麺類や点心メニューも豊富にあります。とはいえ、やはり現地の中華料理は無理だという方は次へお進みください。

丸亀製麺

%e5%8c%97%e4%ba%ac-4

王府井の「新東安市場」というビルには、日本でおなじみの「丸亀製麺」が入っています。このビルにはその他にも、日本企業の飲食店が進出しているようなので、徐々に安心して食事が摂れる場所が増えてくるかもしれません。とはいえ、しょっちゅうお店が入れ替わるため、行く前に確認が必要です。王府井にあるお店の中でも、新しく現代風のお店のためか若者が多く利用しています。

ここの丸亀製麺では、ご飯とカレー以外が美味しいため(爆)、うどんと天ぷらを食べることをお勧めします!ちなみに、ここのお店は店員さんが皆テキパキと働いており、店内も常に清潔に保たれているので、日本に近い清潔な状態で食事を摂ることができます。

Subway

%e5%8c%97%e4%ba%ac%e3%82%b9%e3%82%a4%e3%83%bc%e3%83%84-2
北京の至るところにあるSubwayですが、パンも、現地水を使用していないのか美味しいです。北京にある(というか中国・香港にある)パン屋の多くは、現地水と品質の良くない油を使用しているせいか、高級店であってもパンの味が泥臭いことが多いです…。そんな中にあって、Subwayはパンも中身も美味しいので、安心して食べることができます。値段が日本と変わらないのも納得です。

満記甜品

%e5%8c%97%e4%ba%ac
お次はスイーツです。王府井にある「北京市百貨大楼」という老舗デパートの2階にある「満記甜品」では日本と変わらない味のスイーツを楽しむことができます。王府井は常に混んでいますが、このデパートは常に空いています。それだけ来る人が限られるお店のようです。

%e5%8c%97%e4%ba%ac%ef%bc%93%ef%bc%97

値段は日本とあまり変わりませんが、そのためかどのメニューも美味しいです!

%e5%8c%97%e4%ba%ac%ef%bc%91%ef%bc%96

特に、ココナッツミルクや白玉、タピオカなどを使ったメニューは外れがありません。

%e5%8c%97%e4%ba%ac%e3%82%b9%e3%82%a4%e3%83%bc%e3%83%84-1

ただ、バナナクレープのクレープ生地に少しだけ癖があったので、避けた方が無難かもしれません。原因は、油か水(その両方)が良くないためだと思われます。

知らない場所での食事は、事前にリサーチしていても、実際に行って食べてみなければ分からないことが多々あります。しかし、元気に・快適に現地滞在時間を過ごすためには、食事を怠ることはできません。ゆえに、北京滞在時には日本食を持参するとともに、上記のお店を順番に利用しながら食べられるものだけを食べるようにしています。

ちなみに、北京市内は電車や路線バスで移動できますが、その際は治安の面でも利便性の面でも交通ICカード「一卡通」を使うことをおすすめします。現金でも切符は買えますが、頻繁に公共交通機関を利用するならICカードが断然便利です!

地下鉄駅の窓口で、デポジットとチャージ金額を渡せば(筆談でもOK)簡単に購入できます。ICカードの使い方は日本と同様ですが、地下鉄では入場する際に手荷物のX線検査がありますので、周囲の人を見ながら流れに乗って利用してみてください!

down

コメントする




CAPTCHA


ご挨拶

プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

神奈川県在住、夫と2人暮らしの30代。何気ない日常・旅の光景や価値観の記録。香川県への移住&早期リタイアを目指して地道に活動中。自由に生きたい。

[詳細]



sponsored link

アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。