ぺんぎんメモ

sponsored link

糖尿病の特効薬「あずきカボチャ」で糖尿病を治す

time 2016/12/02


夫が健康診査で糖尿病予備軍であると診断され、再検査になりました。若い頃からお酒を大量に飲んでいたせいかもしれません。

そのため、GI値の低い食材を使って食事メニューを考えています。もともと、お酒とお肉とパンが好きな人なので、いきなり変えてしまうと反動があると思い、野菜を増やしながら徐々に変化させているところです。

ところで、皆さんは糖尿病の特効薬とよばれるメニューがあることをご存じですか。

それが「あずきかぼちゃ」です。あずきとかぼちゃを水と塩で煮る簡単料理なのですが、これを朝晩汁椀半分の量を食べるようにすると、血糖値を下げる役目を果たして糖尿病に効果てきめんなのだそうです。

早速作り、朝晩夫に食べてもらっています。

(材料)

  • あずき    1カップ
  • かぼちゃ   150g
  • 水      3カップ+1カップ
  • 塩      小さじ1
  • 白ネギの根っこ 少々
  • (陰性体質の人は昆布15g)

(作り方)

  1. 鍋にあずきと水3カップ、細かく刻んだ白ネギの根、(陰性体質の人は昆布)を入れて、強火にかけます。
  2. 沸騰したら中火にし、別に用意した水1カップを4~5回に分けて差し水しながら煮ます。
  3. あずきが柔らかくなったら、分量の塩を混ぜ、3×4cm角に切ったかぼちゃを加えて弱火で煮込みます。
  4. かぼちゃが煮えたら完成です。

かぼちゃは、長崎県産のものが売っている時にまとめ買いしてカットして冷凍しています。同じく白ネギの根も、白ネギを買った際にまとめて取っておき冷凍保存しています。白ネギの根の場合は、使うときにカットした方が便利だと思います。

%e9%a3%9f%e3%81%ae%e6%9c%ac-2

この料理を知ったのは、大森一慧さんという方の本の中でです。この本は、身近な食物や調味料で体の不調を自然に・自力で治す方法が掲載されています。薬ではなく、食物や調味料で治すというのがいいですよね。

現代は西洋医学の信仰が厚い時代ですが、昔ながらの方法で病を治すことができれば、そちらの方が安全・安心です。

一部の業界からは批判が挙がりそうですが、こうした方法が広がっていくことを心底願うばかりです。とりあえずは、あずきかぼちゃを続けていけるよう頑張ります。

down

コメントする




CAPTCHA


ご挨拶



アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。