ぺんぎんメモ

sponsored link

「放射能に汚染されやすい食材」は避ける

time 2016/12/06

原発事故から来年で6年が経ちますが、いまだに汚染物質は垂れ流し状態です。

事故が起きて以降なるべく被爆しないよう気を付けて生活していますが、神奈川に住んでいるとそれにも限度があります。

放射性物質による被爆には外部被爆と内部被爆がありますが、特に身体への影響力が強い内部被爆に気を付けて生活してきました。

なぜなら、放射性物質が体内に入ってしまうと、体内で放射線を出し続けて多くの臓器を傷つけてしまう危険性があるからです。

それゆえ原発事故以降、放射能に汚染されやすい食材はできるだけ摂取しないようにしています。

ただ、完璧に避けられるわけではないため、「放射性物質をデトックスする食生活 長崎原爆症を克服し89歳まで生きた秋月医師の教え」の秋月医師の食事を参考に、放射性物質を排泄する食材「玄米・味噌・海藻・天然塩」を摂取しています。

以下は、私が食べないようにしている食材です。

 

牛乳

チェルノブイリ原発事故でも、危険を知らされていない住民達が最も被害を被ったのが、牛乳だったと言われています。

そのため、飲料としてはもちろん料理でも一切使用せず、お菓子に入っている牛乳、脱脂粉乳、ホエイパウダーも、外国産や信用できるお店のもの以外は一切摂取していません。

また、牛乳は「牛乳は飲まない、ガンや多くの病気を招く危険」でも書いたように身体に良いものではないので、摂取しなくなって良かったと思っています。

料理で必要な場合でも、豆乳やココナッツミルクで代用できるため、牛乳が使えなくて困ることはないのが現状です。

キノコ類

キノコ類も放射性物質を取り込みやすいので、原発事故以降食べていません。しいたけやえのき茸、まいたけなどを、鍋物や煮物、炊き込みご飯、味噌汁等で使用して頻繁に食べていました。それゆえ、食べられなくった当初は辛かったのを覚えています。

でも、寂しいのは鍋物の時くらいで、慣れてくると無くても平気になりました。とはいえ、しいたけエキスなどが入っていることもあるので避けにくいモノでもあります。

山菜

キノコ類と同様に、山菜も放射性物質を取り込みやすい食材のため避けています。

タケノコ

タケノコもキノコ類や山菜と同じように、放射性物質を取り込みやすいといわれているので、食べていません。加工食品に入っているものの多くは、中国産だと思いますが安全性が不確かなのでなるべく避けるようにしています。

太平洋側の海産物

海産物における放射性物質の汚染も、深刻な状況です。なぜなら、いまだに汚染水を海に垂れ流し続けているからです。日本海側も中国や韓国からの汚染水が流れていると思いますが、現在最も危険なのは太平洋側の海産物でしょう。

特に、タラやスズキ、カレイ、ヒラメは放射性物質を取り込みやすい魚なので、食べないようにしています。また、太平洋側で取れる放射性物質で汚染された魚にはセシウムだけでなく、白血病や癌の原因になる放射性ストロンチウムが含まれている可能性が高いと言われているので、摂取しない方が賢明です。

ちなみに、チェルノブイリ事故で多くの食品が汚染してしまったベラルーシでは、調理法によって放射性物質をいかに少なくするのかという研究が盛んに行われており、特に大きな効果があったのが、「塩ゆで」だそうです。

魚や肉に関しては、塩ゆですることによって放射性セシウムが70%排除でき、ジャガイモは塩ゆでで45%排除できることが論文で発表されています。それゆえ、魚の安全性が心配な場合は、塩ゆでしてから調理するのも良いかもしれません。

外食産業のお米

外食産業(特に大企業)で使用されているお米は、100%汚染米といっても過言ではありません。

産地が表示されているお店であれば、大丈夫かもしれませんが、市場では産地ロンダリングが行われ、汚染米が安全な産地のお米として取引されていることも多いようです。

それゆえ、外食時は、信用できるお店以外では産地表示の有無にかかわらず、出来るだけお米よりも小麦粉を使用した食事を摂るようにしています。

砂糖

上記の4点とは異なり、なるべく避けている食品です。砂糖は避けることが難しい食品でもありますが料理には、白砂糖でなくてんさい糖を使っています。

砂糖は、「放射性物質をデトックスする食生活 長崎原爆症を克服し89歳まで生きた秋月医師の教え」にもあるように、放射性物質による内部被爆を促進させてしまう効果を持っています。

また、砂糖には免疫力を低下させたり、「砂糖・植物油脂が大量に含まれているチョコレートは食べない」にもあるように、ビタミン・ミネラル不足を招いたり、ガンの餌になったり等多くの健康被害をもたらす作用があるため、被爆うんぬん以前に摂らない方が良いモノです。

 

以上挙げたように、特に危険な食材を避けて食生活を送っていますが、それでも付き合い上外食時に、上記の食材を摂取せざるを得ないこともあります。また、この他にも放射性物質に汚染された危険な食材が数多く存在するでしょう。

そのため、普段から玄米・味噌・海藻・天然塩を摂取し放射性物質を排泄するようにしているのです。

どんな危険も100%防いで生活することは不可能です。でも、だからといって諦めるのはではなく、自分が出来る範囲で・続けられる範囲で防げばいいと思っています。

「これは出来ないけれど、これなら出来る」ということを増やしていきながら自分と夫の身体を守っています。

down

コメントする




CAPTCHA


ご挨拶



アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。