ぺんぎんメモ

sponsored link

パリ観光は観光客が少ない11月が最適「エッフェル塔」

time 2016/12/31

おそらく、パリ観光で必ず行くのがエッフェル塔だと思います。

エッフェル塔は、1889年にパリ万博のために竣工されました。当初は20年間で解体予定のモニュメントとして想定されたそうですが、圧倒的な来場者数を記録した結果建立の存続が決まり、現在では、年間約700万人の見学者が訪れるパリ有数の観光地となっています。

エッフェル塔を下から見た様子です。

エッフェル塔は、7年に一度、18カ月の歳月を掛けて、25名の作業員による化粧直しが行われるそうですが、塗装作業は、すべて職人によるハケを使った手仕事だというから驚きです。また、メイク技術として遠近法が使われており、下層、中層、上層部を3つのトーンに分け、上にいくほど明度を上げて仕上げることで、地上から見上げたときに色が均一に見えるのだそうです。同色で塗っているのではない細かな作業が、現状のエッフェル塔の美しさを維持しているようです。

混雑していることが多いため、エッフェル塔には1度も登ったことがありませんが、塔上から見る景色は美しいに違いありません。

エッフェル塔は、真下やその近くから見るよりも、美しく見える場所があるので、その場所まで歩いて行きます。

ここが、そのエッフェル塔が1番美しく見える場所です。正面に見える建物はシャイヨー宮で、海洋博物館・人類博物館・国立フランス文化財博物館・国立シャイヨ劇場が入っています。シャイヨー宮の裏手に、地下鉄トロカデロ駅があり、その前がトロカデロ広場になっています。

エッフェル塔に登れなくても、シャイヨー宮広場からエッフェル塔を見ると、満足できます。

ちなみに、凱旋門から見たエッフェル塔も美しいです。

エッフェル塔のライトアップされている姿もまた美しいので、ぜひ昼間と夜間の両方の姿を見て欲しいです。

エッフェル塔の詳細はこちら

down

コメントする




CAPTCHA


ご挨拶



アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。