ぺんぎんメモ

sponsored link

世界遺産「宮島」は紅葉の時期が1番美しい

time 2016/12/16

広島駅から、JRに乗って20分で宮島口、そこからフェリー乗って10分で宮島に到着します。

フェリーから見る宮島も美しい景色です。

週末の宮島駅前は、多くの観光客で賑わっています。

鹿もたくさんいますが、お腹が空いている鹿は、ビニール袋や紙も食べるので、歩く際は注意しましょう。

仲見世通りには、たくさんの飲食店や土産物屋があり、広島名産のもみじ饅頭や海産物などを堪能できます。

紅葉の時期の、厳島神社は何とも言えない美しさです。厳島神社の社殿主要部分は、ほぼ平安時代に造営されたそうですが、その後2度の火災に遭い、現在の本社本殿は元亀2年(1571年)、客神社は仁治2年(1241年)の建築だそうです。長い歴史を通じて、現在まで美しさを残し続けていることに価値があります。

大鳥居を含めた風景は、まさに世界遺産というにふさわしい絶景です。

厳島神社の裏側には、五重塔がありますが、ここもまた紅葉の際には素晴らしい景色を魅せてくれます。

更に山へ向かって進んでいくと、紅葉谷公園があり、その名の通りに素晴らしい紅葉を堪能することができます。

歩いているだけで癒される、そんな景色が続きます。

もちろん、宮島は年中美しい景色を見ることが出来ますが、1番は何といっても紅葉の時期です。紅葉時に、広島に来る機会があれば、是非宮島に訪れてみてください。きっと、素晴らしい景色を堪能できるはずです。

down

コメントする




CAPTCHA


ご挨拶



アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。