ぺんぎんメモ

sponsored link

「油は選んで使う」油は将来の健康を左右

time 2016/12/26

以前、「ショートニングとマーガリンは、がんやうつ病の危険性」で加工食品の多くに使われている植物油脂やショートニング、マーガリンは身体を酸化させ、生活習慣病や発がんリスクを高めるので避けていると話しました。

では、我が家ではどんな油を使っているかというと、まず夫が朝食パン派のためバターを使っています。しかし、バターも牛乳と同じ乳製品なので大量摂取は控えています(「牛乳は飲まない」ガンや多くの病気を招く危険)。

以前は、お菓子作りにも使っていましたが、最近ではお菓子作りにはココナッツバターオリーブオイルを使うようにしています。

次に、料理全般にはエキストラバージンオリーブオイルを使っています。

オリーブオイルには、オレイン酸という不飽和脂肪酸が多く含まれていて、摂取しても体内の細胞を酸化させにくい性質があります。

ただ、最近オリーブオイルは粗悪品も出回っているため、購入する際は、遮光瓶に入ったもので、値段が安くないものを購入するようにしています。

その他の油といえば、ごま油を時々使います。これもオリーブオイルと同じように、遮光瓶に入ったものがよいそうです。

マヨネーズの使用は出来る限り控えたい」でも話したマヨネーズですが、なるべく使わないように気を付けています。いくら素材がよくても、身体に負担を与えるものは極力控えます。

油は、直射日光に当たらないように保存することと、使う際は過熱しずぎないようにし、酸化させないことが大切です。

down

コメントする




CAPTCHA


ご挨拶



アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。