ぺんぎんメモ

sponsored link

「悪口を言うと顔がゆがむ」悪口を言う人からは離れる

time 2016/12/20


人の顔は、若い時や20代くらいまでは生まれ持ったものが影響していますが、30歳以降になるとそれまでの人生や性格が反映されてくるといわれています。

それはどんなに繕っても変えられないもので、日頃の考え方の癖が表情・顔つきに出てしまうことにあるようです。

共通する人相

特に、普段から悪口や陰口などマイナスな発言をしている人は、顔がゆがみやすいと言われています。

悪口を言う人には、共通する人相があります。

  • 目つきが悪い
  • 口角が下がっている
  • ふてくされたような顔をしている
  • 冷たい表情をしている
  • 眉間にシワがある

こうした人相になるのは、悪口を言う際に使う筋肉・脳神経によって顔つきが変化したためなのです。日々口にする言葉は侮れません。

悪口にメリットはない

ところで、会社には、悪口が蔓延している所も多くあるようですが、悪口には何のメリットもありません。

例えば、会社・上司・同僚の悪口をいつも話題にしている職場があるとします。自分が選択し入社することになった会社であるにもかかわらず、会社や上司、同僚の悪口を言うのはどうなのでしょう。

悪口の矛先である会社から給与をもらっているにも関わらず、そして悪口の矛先である上司や同僚を追い越すほどの実力を付けられないにも関わらず、延々と悪口を言うのは少し違うかなと思います。

もしかすると、悪口を言いたくないけれど、周りに合わせるために仕方なく悪口を言っている場合もあるかもしれません。

しかし、中には好物のように悪口を言って精神的にスッキリしたり、悪口を言い合っている人々との一体感を味わったりしている人もいるはずです

悪口は軽蔑されている

しかしながら、悪口を言っている上司を部下の立場で見たときに、あまり気持ちの良いものではないですし、「この上司はその程度の人なんだ」と軽蔑してしまうことさえあります。

また、上司の立場で悪口を言っている部下を見ても同様で、「所詮そのレベルか」と思ってしまいます。

つまり、悪口を言っている時には、実は悪口に同調していない周囲の人間から、軽蔑されている可能性が多いにあるということです。

悪口は信用できない

過去私はそうした理由で、会社の同期から会社や上司の悪口を頻繁に聞くようになったため、付き合うのをやめたことがあります。

また、同僚にも会社や上司の悪口ばかりを言っている人がいたので、必要最小限の関わり以外を避けるようにしていました。さらに、これは幼少期の話ですが、好きだった男の子が信じられないような悪口ばかり言っていて、気持ちが一気に冷めたこともあります(笑)

でも、それらの行動は全て、基本的に他人とつるんで悪口を言う人は信用できないと思っているからなのです。

悪口とは関わらない

悪口を言い続けている人は、強い者に巻かれて迎合し烏合の衆と化す人である場合が多く、自分の前では他人の悪口、他人の前では自分の悪口を言って、村社会的な考え方から抜けられない人が多い気がします。

また、悪口を言う人は、同じ空間にいて悪口を言わない人を攻撃することもあります。「何で悪口言わないの?」「何で偽善者ぶってるの?」と気に食わないようです。

自分が邪悪なことを直視できず、悪口を言わずにいられる人に嫉妬しているのだと思います。

そう言ってくる人に対しては、「悪口が嫌いだから」とハッキリ言うと変な攻撃をしかけられる場合があるので、上手くやり過ごしてスルーするのが1番!

悪口から離れる

悪口を言うならば、本人に直接言えばいいですしそれが出来ないのなら、言わなければ良い話です。

悪口は聞き手を不快な気分にさせるだけでなく、マイナス言葉は耳に入れるだけで潜在意識や記憶に留まってしまいます。

それゆえ、私が実践していることは、

  • 悪口を言う人からは離れる
  • 悪口を言う人とは、必要最小限の接触に留める
  • 悪口を聞かない(聞き流す)
  • 悪口を言わない

です。

耳に入ってくる言葉

そうやって、悪口から離れて生活をしていると、悪口が嫌いな自分と似た人間が自然と集まってくるようになります

最初は、この人は悪口が大好物な人ではないかしら?と疑心暗鬼ですが(笑)、自分の波長と合った人が集まってくるから不思議です。

話す言葉と同じように、耳から入ってくる言葉も大事。耳は脳に近い場所にあるため、人間の思考や意識に大きく影響を及ぼすからです。それゆえ、悪口からはなるべく離れて生活し、歳を重ねたときに素敵な人相でいたいです。

down

コメントする




CAPTCHA


ご挨拶



アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。