ぺんぎんメモ

sponsored link

「小麦の摂取は控える」グルテンフリー食品を選ぶ

time 2016/12/27


『長生きしたけりゃ、パンは食べるな』(SB新書)を読んで、時々食べるくらいだったパンをほとんど食べなくなりました。

同時に、小麦を含む食品も控えるようになりました。例えば、スパゲティやそば、うどん、ラーメンなどの麺類です。相変わらず夫は食べていますが…。

小麦には、1度食べると繰り返し食べたくなる麻薬成分エクソルフィンが含まれています。そのため、白米とは違っていくらでも食べたくなってしまうようです。

最近では、グルテンフリー商品も増えているようですが、日本の主なスーパーには原料が小麦の麺類がほとんどです。戦後、日本はアメリカの戦略にはまり小麦と乳製品を輸入させられたまま、現在に至っていますが、そうした歴史を知るほどますます食べる気が失せています。

また、醤油も「お醤油はチョーコー醤油の超特選むらさき」から、グルテンフリー醤油に変えました。

多くの食品に含まれている小麦は完全に避けることが難しいものではありますが、摂取量を減らすだけでも身体に与える影響は変わってきます

小麦を摂取するとしても、国産小麦100%のものに限定するようにして選んで食べています。輸入小麦は大量の農薬が散布されているために、可能な限り口にしたくありません。モンサントという世界的に悪名高い種苗会社の小麦は特に注意です。

という訳で、先日のクリスマスでは、ケーキもピザも米粉で作りました。

ケーキは「簡単!米粉(上新粉)のロールケーキ生地」のレシピ、ピザは「米粉と片栗粉でピザ生地(グルテンフリー)」のレシピを参考しましたが、どちらもものすごく美味しかったのでまた作ろうと思っています。

down

コメントする




CAPTCHA


ご挨拶



アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。