ぺんぎんメモ

sponsored link

「自分の好きなこと」を書き出しておく

time 2016/12/23

以前、仕事をしていた数年間のうちに、いつのまにか自分が何を食べたいのか、何が欲しいのか、何がしたいのか、何が好きなのか、分からなくなっていた時期がありました。

仕事のことばかり考えているうちに、自分の欲求は寝る以外になくなってしまっていたんですよねw そんな経験をしてからは、欲求を忘れてしまうことがあることを自覚し、自分の欲求を書き出しておくことしました。

多くの人が、欲しいものや買いたいものをメモしておくのと同じような感覚で、自分が欲している空間・状況・事柄・物などを詳細にノートに書き出しています。

例えば、「自分が好きなこと」であれば、

  • ゆったり自宅で読書をする
  • 音楽を聴く
  • 心地よい布団(ベッド)で時間を気にせず眠る
  • 大切な人のために料理をする
  • 大切な人と食事をする
  • 大切な人と美味しいものを食べながら話す
  • 1人で図書館で本や雑誌を読む
  • 山に囲まれた芝生の上で寝ころび、風や鳥の声を聞く
  • 土いじりをする
  • 本屋へ行く

などです。

誰の意見も介入させず、本当に自分がやりたいこと・自分の好きなことを書き出しておくと、疲れ切って欲求を忘れたとき?でも、「ああ、そうだったそうだったなぁ」と思い出せる気がします。

好きなだけ食べる・寝る・旅行する等もいいですが、もっと掘り下げて詳細に場所・期間・相手などを書くようにしています。

それを書き溜めておいて疲れた時に読み返し、書いていたことを実際やるうちに、元気になって本来の自分を取り戻せるようになっている感覚が最近あります。

欲求を忘れることなんてそうないことかもしれませんが、人生いつどうなるか分からないので、忘れたくなことはこんな風に残しておくようにしています。

down

コメントする




CAPTCHA


ご挨拶



アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。