ぺんぎんメモ

sponsored link

「愛着障害」によって傷つきやすい日本人

time 2017/02/10

『愛着障害』という本を読みました。書店でもよく見かける本なので読んだことのある人もいるかと思います。

愛着障害は、幼少期に養育者との愛着形成が不十分であった場合にその人の人生にマイナス影響を及ぼす可能性がある障害です。

この本を読みながら大小の差こそあれ、日本人の多くが愛着障害を持って生きているのではと感じました。

愛着形成を行えない要因には様々あると思いますが、元来日本には親と子の繋がりをそこまで重要視する文化や風土がなかったからのように思います。

むしろ歴史的にみても親子で争うこともありましたし、幼少期から大人と同じように振る舞うことが善しとされてきた社会的背景があります。

それゆえ愛着形成が不十分な親子が大半であり、むしろ日本は愛着形成が不十分がゆえに成長してきたのでは?と考えさせらる面もありました。

『愛着障害』著者である岡田尊司氏は『愛着障害の克服』という本も出していますが、愛着障害を克服するためには養育者との関係修復が必要といいます。

しかし関係修復を図ろうとする養育者は少ないはずで、とすると養育者の代わりになり得る信頼できる他者に頼るか自分が自分の養育者となり自分を認め生きていく以外に方法はないようです。

信頼を寄せられる他者が身近にいるなら他者に頼ることも出来ますが、そうできない場合は「自分が自分の親になる」という強い気持ちで生きていくことが不可欠なようです。

でもその過程は相当過酷な道のりでしょう。愛着障害を知ったことで改めて親子の関係が難しいものだと思いました。

down

コメントする




CAPTCHA


プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

神奈川県在住、夫と2人暮らしの30代。何気ない日常・旅の光景や価値観の記録。香川県への移住&早期リタイアを目指して地道に活動中。人生を好きにいられるように自由に生きたい。

[詳細]

アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。



sponsored link