ぺんぎんメモ

sponsored link

1人旅が最高な5つの理由

time 2017/01/29

学生時代から1人で旅するのが大好きでした。お金を貯めては海外旅行に行き、言葉が通じず文化が違う場所に魅力を感じていたせいかもしれません。

若さゆえに危険な場所にも行ってしまい、後々血の気が引くほどゾッとしたこともありますが、それらの経験ができたのも1人旅をしていたからです。

近年はネットもあり1人旅のしやすい環境が整いつつありますが、世界的に危険が増していることもあり、あまり無茶な場所へ行かないよう注意する必要もありそうです。

そうはいうものの経験上1人旅の魅力は尽きず、特に大きく分けて5つあると思っているので、今回はそれをご紹介させていただきたく思います!

 

1、価値観を邪魔されない

1人旅の最大の利点はこれだと思います。何かを見てどう感じるかは人それぞれですが、同行者がいればその相手と真反対の感想を持つこともあり得ます。

その場合、どちらかが相手に気を遣って感想を合わせる可能性があり、それを繰り返しているとせっかくの旅が台無しになる恐れがあるのです。

例えば、せっかく自分の興味や関心を惹く対象があっても、相手の気持ちに合わせた結果、対象に無関心を装わなければならない可能性もあります。せっかく時間とお金を割いて旅をしているのに、それはちょっともったいないことだと思うのです。

ゆえに、思い出作りなどのテーマがあるなら複数人で旅するのは大賛成ですが、それ以外の旅は基本1人がいいなと思ってしまいます。

2、旅程が自由

複数人で行くと自分勝手には動けなくなります。例え途中で旅程を変更したくても難しいことがほとんどです。でも1人なら旅程を変更するのも自由ですし、自分が長居したい場所に好きなだけ居ることができます。これは旅だけでなく、普段の買い物と同じことかもしれません。

3、気を遣わずに済む

食事の好みや疲れの具合などは、人によって様々です。ゆえに、同行者の人数が増えれば増えるほど多くの選択肢を用意する必要があります。そして必要以上に気を遣う機会が増え、旅を楽しむ所では無くなってしまうことが多くあります。

1人で行けばそうしたストレスとはフリーですし、自分の体調に合わせて食事内容や過ごし方を変えることも出来ます

4、スリに遭う心配が減る

これは特に海外旅行の場合ですが、滞在中に特に気を遣うのがスリの存在です。自分1人であれば自分だけ気を付けていれば良い話ですが、複数人だとそういう訳にもいきません。集団で行動すればするほどスリから狙われやすくなるため、必要以上に警戒してかなり疲れることになります。

5、自分と向き合える

これは前述の「価値観を邪魔されない」と同じくらい魅力的な1人旅の利点だと思います!

普段、本を読んでいるから・自宅に1人でいるからといって自分と向き合える訳ではなく、旅で色々な刺激を得たり新鮮な感情を持ったりする中で、過去の自分や現在の自分と向き合う機会を得られる気がするのです。

もちろん、複数人で旅行することで新しい価値観に出遭えたり、1人では出来ない経験も出来たりするのでそれはそれで魅力的です。が、1人旅で自分と向き合うことはそれとは別に非常にワクワクする時間を得られると感じています。

結婚してから他者(夫)と価値観を共有する楽しさを覚えましたが、それでも1人旅の満足感とは比べ物になりません(笑) きっと物心ついた時から1人遊びが好きだったことも影響していると思いますが、今もそんな部分を残しつつ生きています。

down

コメントする




CAPTCHA


ご挨拶



アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。