ぺんぎんメモ

sponsored link

1度は行くべき「高知市立自由民権記念館」

time 2017/01/19

高知へ行った際に「自由民権記念館」へ行きました。「自由民権記念館」はJR高知駅から路面電車で約15分の場所にあります。

高知市は、日本最初の民主主義運動の高まりの中出来た市だそうで、高知市制100周年となった1990年に自由民権運動の資料を中心とした土佐近代に関する資料を(収集・保管・展示して)、確実に次の世代へ引き継ぐために、この自由民権記念館を建設したそうです。

館内は、展示室は2階フロアにあり、「展示室1・2」が常設展、「特別展示室」で企画展を行っているようです。常設展しか見ていませんが、中でも1番印象に残ったのは、「生きて奴隷の民たらんよりは死して自由の鬼たらん」という文章でした。抱いていた気持ちと同様の内容記載に、ハッとさせられたからです。

明治時代には、全国各地の多くの人々が憲法草案を作り、よりよい国づくりを目指して、日夜案を練っていたようです。

学生時代からひそかに尊敬していた植木枝盛に関する資料も数多く目にすることが出来ました。35歳でこの世を去った政治家ですが、彼の価値観にはかなり感銘を受けました。

今の社会で忘れ去られている重要な価値観を感じられる資料が数多く展示されているので、機会があれば是非1度訪れて欲しい場所です。ちなみに神奈川県にも平野友輔という立派な自由民権家がいたようですが、また詳しく調べてみよう思っています。高知市立自由民権記念館HPへ。

 

down

コメントする




CAPTCHA


ご挨拶



アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。