ぺんぎんメモ

sponsored link

萩市はこんなところ

time 2017/01/20

萩の城下町を観光するために、山口県萩市に行ってきました。萩城下町を観光するには、東萩駅が便利だというので、新横浜駅から新幹線と在来線を乗り継いで東萩駅まで行きました。「新横浜→広島→厚狭→長門市→東萩」というルートで、約7時間かかり物理的な距離を実感しました。

途中乗り換え駅で利用した厚狭駅ですが、新幹線停車駅とは思えないほど駅前がさびれていました。地方のこだま停車駅ではよくあることかもしれませんが、駅前にはコンビニも店もなく、閉鎖した病院や民宿が佇んでいるなど終始閑散とした様子が広がっていました。ここから、JR美弥線で長門駅まで向かいます。

約1時間で長門市駅に着きました。今回は乗り換えでしか利用しませんでしたが、長門市には、金子みすず記念館や千畳敷などがあるそうなので、時間があれば寄って観光してみたい場所です。

ここから、JR山陰本線で東萩駅へ向かいます。一両編成ワンマン電車で向かいます。

約30分後、東萩駅に到着しました。東萩駅周辺は、宿泊地も豊富で各方面へのアクセスも良いため、駅前のホテルに宿泊しながら萩の街を観光するのが定番のようです。

駅前からは、萩市内を廻るバス「晋作君」に乗ることができます。萩市内を廻るバスはもう1台あり、「松陰先生」と呼ばれています。晋作君と松陰先生の停車駅が重なっている駅で乗り換えることができます。

東萩駅周辺は夕方の時間帯ですら、人は少なく、道を歩いていても観光客以外にすれ違う人はほとんどいませんでした(たまに、犬の散歩をしている人を見かけましたが)。しかし、他の地域と明らかに異なるのは、萩市内には立派な道路や橋があったことです。

それ以外にも、町の大きさの割には、立派な建物が多いと感じました。世界遺産との関連がある建物もいつくかありましたが、どの建物も綺麗で立派で驚きました。ちなみにこちらは、萩市役所です。

萩市役所の隣には萩市民館があり、中央公民館が併設されていました。

今回は利用しませんでしたが、館内には「萩元気食堂」というレストランがあり、「NPO法人萩元気食の会」が地元の食材を使用して運営しているようで、地産地消メニュー「萩の食菜バイキング」などがありました。

山口県立萩美術館・浦上記念館も見かけました。

館内には、萩出身の実業家である浦上敏朗氏のコレクションをもとに、浮世絵版画と東洋陶磁器を専門として、歌川広重、葛飾北斎、歌川国芳らの浮世絵約5,200点、中国・朝鮮の陶磁約500点、近現代の陶芸約750点(平成23年現在)が所蔵されているそうです。時間があれば、上記の場所にも寄ってみると面白いと思います。

こんな昔ながらの映画館も営業していましたし、商店街もありました。

萩市内には、道の駅「萩しーまーと」もあり、開店時間前から続々と人が訪れて待っていました。萩市内に住んでいる人だけではなく、周辺地域からも訪れているようです。海産物を中心に多数の新鮮な地元食材を販売しており、レストランもあるようなので、ここで食事をするの良さそうだと思いました(時間の関係で出来ませんでしたが)。

規模の割には町全体がかなり整備されている萩市内ですが、観光地も多いため、歴史好きな人にとっては数日間かけて廻る必要があるのかもしれません。次回以降、萩城下町、萩反射炉、松陰神社などを紹介していきたいと思います。

(参考資料:萩市観光協会「ぶらり萩歩き」)

down

コメントする




CAPTCHA


ご挨拶



アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。