ぺんぎんメモ

sponsored link

八方美人で生きていると自分を失う ― 他人に良い顔はしない

time 2017/04/10

社会で生きていく中では、八方美人にならざるを得ない状況があるかもしれません。

会社や学校、地域社会などで、人と関わる機会があれば避けられないことも多そうです。

自分の感情を大切に

失うものが何もない状況では、他人にどう思われるか関係なく振る舞える場合が多いですが、そうでない場合は他人に良い顔をしてしまう気がします。

ただ、そうやって八方美人に生き続けていると自分を失っていく可能性があります

それは他人に合わせすぎていると、心の中に自分の感情よりも他人の感情が溜まるからだと思います。

そして、他人の感情が溜まった状況では自分自身が不安定な状態になりやすく、周囲にズルい人間がいれば利用されてしまう可能性があるのです。

 

集団を大切にする風土

日本人は歴史的に集団に依拠する民族性があり、個人よりも集団に属することが良しとされる風土があります。

そうした風土では、組織を円滑に運営していく上で八方美人的な人が重宝される傾向にあるようです。

しかしながら、他人の感情が溜まったまま生きるのが好きな人(そういう人はいるのかな?)よりも、自分の感情を大切にして生きたいと思う人が圧倒的に多いのではないでしょうか?

とすると、八方美人は止める必要があると思います。

 

八方美人は大切な人を失う

なぜなら、八方美人でいてズルい人にまで良い顔をしていると、騙されたり利用されたりして酷い目にあう可能性があるからです。

何より誰にでも良い顔をしていると自分にとって大切な人を失うことさえあります。

おかしな人もいますからあからさまに邪険には対応出来ませんが、それでも大切な人以外には冷静に淡々と対応していくことも出来るはすです。

感情的になりがちですが、1人1人冷静に対応していくことが八方美人にならないコツだと思います。

自分が疲れないために、そして大切な人を大切にするために出来ることはやった方が後悔ないはずです。

down

コメントする




CAPTCHA


ご挨拶



アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。