ぺんぎんメモ

sponsored link

過剰なお客様扱いを求める人は「幼少期に甘えが満たされていない人」

time 2017/02/08

以前にも「【日本社会の異常なクレーム】働く人の心が壊れていく」でクレーマーについて話したのですが、最近スーパーやコンビニで過剰なお客様扱いを求める人が多いのだそうです。

確かに超高級店であればそのような対応を求めるのも納得がいきますが、通常のお店で求めるのは少し場違いというものです。

 

葛藤を抱えたまま

何故なのか考えてみると、1つ思い浮かんだのは社会全体に疲労困憊した人が溢れている、という要因です。でも、例え疲れ果てていても皆が皆そうはなりません。

次に思い浮かんだのは、心に葛藤を抱えたまま生きている人が多い、という要因です。

例えば資源がない日本では、人力で発展してきた面が大きい反面、その際に家族や家庭を犠牲にし、家族崩壊してしまったケースも多いのではないかと想像できます。

その場合最も犠牲になるのは、家で1番弱い子どもです。

 

子どもの頃の愛情不足

犠牲になった子どもは、他の家族のために自分の欲求(愛情を満たしてほしい)を捨てて生きている場合が多いため、愛情を得られないまま大人になります。

そうした人が大人になり社会に出ると、過去に得られなかった愛情を別の形で満たそうとします

それがお客様という立場になった際に、クレームや過剰なお客様扱いを求める行動に繋がるのだと思います。

しかし、そうした行動を起こす人は、愛情を得られないまま大人になってしまった中身が子どもの人なのです。

 

御客と店員が対等な社会

それゆえ、心に葛藤があって自分で自分の心を満たすことが出来ないため、自分より下に見ることができる相手に対して絡み続けます

少し前におもてなしという言葉が流行っていましたが、現状の日本で、過剰なおもてなし・サービスを求めれば間違いなく働く人の心を壊します

それは日本は経済最優先社会のため、すでに御客と店員は対等ではない風土が出来上がっているからです。

今後、子どもの愛情を満たせる家庭や家族を増やし、きちんと愛情を得て大人になる人を増やすために、社会を余裕が持てる構造に変えていく必要があると思っています。

down

コメントする




CAPTCHA


プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

夫と2人暮らしの30代。日常、旅、価値観の記録。移住、早期リタイア を目標に生活中。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

[詳細]

アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。



sponsored link