ぺんぎんメモ

未婚化・晩婚化・少子化、本当の原因を知ると希望が湧いてくる

time 2017/01/26

ここ数十年で、未婚化・晩婚化・少子化は、急速に進んできた気がします。住宅周辺では幼い子どもを連れたご家族をよく目にするので、そこまで進んでいるとは思いにくいのですが、諸外国へ行った際に若者が圧倒的に多く高齢者が少ない光景を見る機会が多いので、比較すると歴然です。

家族という形態自体も、大家族から核家族へ、そしてさらに核家族から「人間以外の家族をもつ独身」へと変化した気がします。

未婚化・晩婚化・少子化の原因としてよく挙げられるのは、以下。

  • 女性の高学歴化と社会進出が進んでいるが、企業や各組織における出産・子育ての環境整備がいまだに遅れているため
  • 非正規雇用者が激増して、雇用と収入が不安定になり将来設計の見通しが立たないため

でも、私は本当の原因は以下だと確信しています。

  • 結婚することで得られるものよりも、独身でいることで得られるものの方が多いため
  • リアルな人間と一緒にいなくても、寂しく感じない1人で暮らせる環境が充実してきたため
  • 子どもを産んで育てるより他にやりたいことがあるため

確かに、少子化が進めば未来の納税者が激減してしまうため、税収面ではマイナスかもしれません。が、長い歴史でみれば日本列島に住む人口はここ最近が1番多く、江戸時代や明治時代には3000万人前後、その前は更に少ない人口しか住んでいませんでした(アイヌ民族や琉球王国に住む人々は含めていません)。

それゆえ、今後食糧難や水不足が不安視され、機械化が進む社会においては、逆に人口は少ない方が良いので、未婚化・晩婚化・少子化は歓迎すべきことだと思います。

だいたい現状で税収を増やしたところで、年金支給開始年齢が元の60歳に戻る訳でもなければ、アメリカから高額故障武器を大量買いしなくなる訳でもない(笑) 既にインチキ国家財政なんだから、税収なんて増やさない方がいいのです。

down

コメントする




プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

奨学金を返済しながら、移住・セミリタイア生活に向けて準備しているブログです。安全な食、倹約、生活環境への言いたい放題、旅行など実体験を踏まえてお届けします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ [詳細]

アーカイブ