ぺんぎんメモ

sponsored link

現状の義務教育は洗脳教育 ― 自分の好きに生きるために

time 2017/03/10

田舎と呼ばれる土地で育ちましたが、その地域全体が(その県全体?が)、村落共同体・男尊女卑の根強い地域性をもっていました。

義務教育では根性論がまかり通った風土が根付いていましたし、体罰教育が横行していました。

そんな地域では、子どもの身体の健康よりも、大切にされているものが数多くあり、社会を円滑に動かしていくことに重きがおかれていました。もしかすると、今でも多くの田舎がそうかもしれません。

 

公立義務教育のおかしさ

従順な子ども達の中で、私は表面的にはよい子を繕っていました(いたと思っています)が、内心は怒りで溢れていました。

なぜなら、子どもを暴力や権力で抑えつける教育制度に対して、異常を感じていたからです。

おそらく、公立学校だった要因が大きいと思いますが、教師から言われること(勉強以外の理不尽なこと)には、正しくないことでも理不尽なことでも従わざるを得ない環境でした(それが学校内の秩序を維持させるための機能を果たしていた面もあると思います)。

それに対して何か質問するだけで、反抗心のある生徒とみなされて、問題児のレッテルを張られるか、体罰が加えられます。

 

田舎は身分社会

同時に、田舎では職種が少ないため、教師や役所の子ども達は、学校で特別扱いされる光景を多く見ました。

同様に地域でも、家同士の仲が良くなく強い家は、気に入らない家の子どもに対して酷く叱りつけるということもよくありました(よく、昔は地域で子どもを育てたとかいいますが、それは美化されすぎていると思います。昔という時代は皆が平等に貧しかった時代のことでしょう)。

理不尽な扱いをされている子ども達を、同じ子どもとして救えない自分の無力さにも腹が立っていました。正しくないと思ったことには、抗議して変えてきたつもりですが、限度があります。

皆が上手にやり過ごし、仕方ない部類のものとして処理・消化できていることを、上手く処理できなかった異端児だったのかもしれません。

 

義務教育は洗脳教育

多分、現状の公立学校で行われている義務教育は、政府が国民を都合よく支配・統制するための洗脳教育であり、自ら考える力を奪って、建前だけの民主主義を作る教育だと思います。

確かに、そういうシステムがあるからこそ、今日の日本の秩序や清潔が保たれ、何か大きな災害が起きても驚くほど冷静に・円滑に対応できる面もあるとは思います。

しかし、現状の義務教育では、自分を見失い自分の人生を生きられないどころか、多くの能力を壊すことばかりしているのです。

 

自由な世界へ飛び出そう

とはいえ、義務教育にも地域差があるため、その地域の価値観では正しくないこと・受け入れられないこと・認められないこと・当たり前ではないことでも、他の地域や他国では真逆のことも多くあります。

私自身、田舎を出て生きることを選んで心底良かったと思っていますが、同じように現在住んでいる土地で生きにくさを感じている人がいたら、違う土地で心機一転を図ることを勧めます。

勇気をもって自由な価値観を持つ世界へ飛び出すと、能力が開花するだけでなく、本当に自分が好きな人生を歩めるようになっていくはずです。

down

コメントする




CAPTCHA


ご挨拶

プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

神奈川県在住、夫と2人暮らしの30代。何気ない日常・旅の光景や価値観の記録。香川県への移住&早期リタイアを目指して地道に活動中。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

[詳細]



sponsored link

アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。