ぺんぎんメモ

sponsored link

過去の感情を抑圧し過ぎている人は「今を生きられない」

time 2017/02/12

人が生きているのは現在ですが、意外にも過去に囚われて生きている人が多い気がします。

過去に得られなかったものを満たすために、人生のほとんどを費やす人もいます。

得られなかったものというとお金などの目に見えるものを想像しがちですが、目に見えない愛情などの感情を満たそう行動する人も多くいます。

目に見えるものであれば、ある程度満足の度合いも分かりそうなものですが、愛情などの感情は目に見えないがゆえに、満足度は未知数です。

それゆえ、愛情などの感情が過去に不足していると、大人になっても過度の愛情を求めることが多くあります。

また、愛情が不足している場合は、付随して様々な感情を抑圧して生きていることが多いので、その感情を癒すために時間を費やす人も多いはずです。

例え一時的に抑圧しても、生きていくためにはどこかでその感情に折り合いを付ける必要がありますから、自分なりの形で上手く感情を解放しない限り一生悩まされることになるのです。

今の日本社会は、感情を必要以上に抑圧することを強いられる場合が多いために、今を生きることさえ難しくなっている気がします。

なるべく自分の感情を抑圧せずに、抑圧してきたのなら自分で自分を解放し、現在と未来に楽しいことを想像しながら、生きていくようにしたいものです。

down

コメントする




CAPTCHA


プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

神奈川県在住、夫と2人暮らしの30代。何気ない日常・旅の光景や価値観の記録。香川県への移住&早期リタイアを目指して地道に活動中。人生を好きにいられるように自由に生きたい。

[詳細]

アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。



sponsored link