ぺんぎんメモ

梅ヶ枝餅が美味しい「太宰府天満宮」

time 2017/02/06

昨夏、太宰府天満宮へ行った際に食べた梅ヶ枝餅が美味しかったので、記録しておきます。大宰府駅前から太宰府天満宮まで続く門前町に、梅ヶ枝餅のお店が数店軒を連ねています。

どのお店の梅ヶ枝餅も美味しそう。

こちらのお店では、お食事もとれるようです。

梅ヶ枝餅の製造工程を見ることもできます。

どのお店も美味しそうでしたが、混んでいたこのお店で買う事にしました。後でガイドブックで見たら有名店だったみたい。

出来立ての梅ヶ枝餅は、熱々で甘さも丁度良くとても美味しかったです。甘いものが苦手な夫も美味しいと言っていました。梅ヶ枝餅を堪能したところで、本来の目的である大宰府天満宮観光へ。

大宰府天満宮は、学問の神様で知られる菅原道真公を祀っている神社です。

ようやく門前町を抜けて右手に案内所を見ながら、境内へと入っていきます。

楼門までには心字池という池があり、その池には3つの橋が架かっていました。

その橋は、太鼓橋・平橋・太鼓橋と呼ばれ、それぞれ過去・現在・未来を表しているそうです。

3つ目の太鼓橋を渡っていると楼門が見えてきます。

こちらが楼門。

本殿は1591年に建てられた築400年以上のもので、重要文化財にも指定されています。

本殿の右には、有名な飛梅が。

これは、菅原道真が京都を発つ際に別れを惜しんだ梅で、道真の後を慕った梅が一夜のうちにここ大宰府まで飛来したとしてその名が付いています。

太宰府天満宮の敷地内には宝物殿もあり、時間があれば見学するのも面白いと思います。次回太宰府天満宮を訪れることがあれば、また梅ヶ枝餅を買いたいと思います(笑)

「太宰府天満宮HP」

down

コメントする




プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

奨学金を返済しながら、移住・セミリタイア生活に向けて準備しているブログです。安全な食、倹約、生活環境への言いたい放題、旅行など実体験を踏まえてお届けします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ [詳細]

アーカイブ