ぺんぎんメモ

sponsored link

梅ヶ枝餅が美味しい「太宰府天満宮」

time 2017/02/06

昨夏に太宰府天満宮へ行ったのですが、その際に食べた梅ヶ枝餅が美味しかったので紹介します。大宰府駅前から太宰府天満宮まで続く長い門前町に、梅ヶ枝餅のお店が軒を連ねています。

梅ヶ枝餅のお店ばかりが並んでいます。

こちらにも。

こちらは、お食事処を併設しながら梅ヶ枝餅を販売。

お店の外から、梅ヶ枝餅を製造している工程を見ることも出来ます。

どのお店も美味しそうでしたが、比較的混んでいたこのお店で買う事にしました。

出来立ての梅ヶ枝餅は、熱々ながら甘さも丁度良く大変美味しかったです。甘いものが苦手な夫も美味しいと言っていました。さて梅ヶ枝餅を堪能したところで、本来の目的である大宰府天満宮を観光していきます。

大宰府天満宮は学問の神様で知られる菅原道真公を祀っている神社です。

ようやく門前町を抜けて右手に案内所を見ながら、境内へと入っていきます。

楼門までには心字池という池があり、その池には3つの橋が架かっています。

その橋は、太鼓橋・平橋・太鼓橋と呼ばれ、それぞれ過去・現在・未来を表しているそうです。

3つ目の太鼓橋を渡っていると楼門が見えてきます。

こちらが楼門です。こちら側とあちら側で形状が異なる造りとなっている珍しい門です。

本殿は1591年に建てられた築400年以上のもので、重要文化財にも指定されています。

本殿の右には有名な飛梅はありました。

これは天神様(菅原道真公)が京都を発つ際に別れを惜しんだ梅で、天神様の後を慕った梅が一夜のうちにここ大宰府まで飛来したとしてその名が付いています。

太宰府天満宮の敷地内には宝物殿もあり、時間があれば見学するのも面白いと思います。太宰府天満宮は、想像していたよりも広くなく観光がしやすかったです。また太宰府天満宮を訪れることがあれば、必ず梅ヶ枝餅を買って帰りたいと思います。

「太宰府天満宮HP」

down

コメントする




CAPTCHA


プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

夫と2人暮らしの30代。日常、旅、価値観の記録。移住、早期リタイア を目標に生活中。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

[詳細]

アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。



sponsored link