ぺんぎんメモ

sponsored link

「他人を攻撃・邪魔する人」は現状に不満

time 2017/02/22

世の中には、自由に生きている人や好きに生きている人をイジメたり邪魔したり攻撃したり潰そうとしたりする人が存在します。

そうした人は「忙しい、疲れた」と言いながらも他人を攻撃する力は莫大にあるのが特徴です。

その主な原因は、その人の心の中に憎しみが溜まっているためだと考えられます。

憎しみが溜まっていると素直な形で他人に接することが出来ず、歪んだ形で他人に絡むことになります

結果として、憎しみを解消できずに生きている人は、満たされた生活を送っているように見えても不満であることが多いのです。

それは憎しみを解消するまで続き、何を得ても心が満たされることがありません。

もし満足した人生を送っているのであれば、他人を攻撃することに時間や労力を費やすことはしないはずです。

しかし、不満な人は憎しみをはらす対象に時間や労力を使うことに生きがいを感じるため、いつまでも他人を攻撃し続けるのです。

そして自分が得たくても得られなかったこと、やりたくてもやれなかったことなどをやっている人を見ると、放っておくことが出来ずに絡んでしまうのが不満な人なのです。

中には憎しみを上手く解消させながら生きている人もいます。

しかしそう出来ない人もいて、そうした人は他人をイジメたり邪魔したり攻撃したり必要以上に絡んだりすることでしか憎しみの感情と折り合いを付けられない人だということなのです(「周りにいる攻撃的な人から身を守る方法 」)。

down

コメントする




CAPTCHA


プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

夫と2人暮らしの30代。日常、旅、価値観の記録。移住、早期リタイア を目標に生活中。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

[詳細]

アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。



sponsored link