ぺんぎんメモ

sponsored link

自分を愛する程度にしか他人を愛することは出来ない

time 2017/02/19

F・フロム-ライヒマンの『人間関係の病理学』(早坂泰次郎訳著)という本の中に、「人は自分を愛する程度に応じてのみ、他人を愛しうるのである」という一文を見つけました。

これは極端な考え方をすると、自分を愛することが出来ない人は他人を愛することも出来ないということです。

例え愛せたとしても自分を少しだけしか愛せていないと、他人も少しだけしか愛せないということになります。

ということは「自分の〇〇は好きだけど〇〇は嫌い」と部分的にしか自分を愛していない人の場合、愛する相手も部分的にしか愛せない可能性があるのです。

ちなみに厳密にいうと、好きになるということは主観的で自分勝手な気持ちが大部分を占めますが、愛するということは客観的で相手を思いやったり慈しんだり相手の気持ちを推しはかろうとする気持ちが大部分を占めます。

つまり、自分を愛せない場合は相手に自分勝手な気持ちを押し付けることが多くなるといえます。

またこの本には「人は自分を尊敬する程度に応じてのみ、他人を尊敬することができる」とも書いてありました。

とすると、自尊心が低い人間は他人を尊敬しにくいということになります。つまり、相手を見下すことでしか自分の尊敬を得られない可能性が高くなるわけです。

もし自尊心が低い人間ばかりの社会で育つとどうなるのでしょう。それはお互いの良さを認め合わず、他人を見下しながら生きる人ばかりの社会になると考えられるのです。

down

コメントする




CAPTCHA


プロフィール

ぺんぎん

ぺんぎん

神奈川県在住、夫と2人暮らしの30代。何気ない日常・旅の光景や価値観の記録。香川県への移住&早期リタイアを目指して地道に活動中。人生を好きにいられるように自由に生きたい。

[詳細]

アーカイブ

免責事項

当サイトの文章・画像・デザインの無断転載は固くお断りいたします。いかなる損害が発生しても当サイトは賠償責任を負いません。



sponsored link